現在の位置:トップ > お知らせ > 城端線をまもろう!「第1回終着駅サミットin城端」

城端線をまもろう!「第1回終着駅サミットin城端」

市民の想いが大切です!

情報発信元:地方創生推進課

城端線をまもろう!「第1回終着駅サミットin城端」の画像
第1回終着駅サミットin城端

 わたしたちの「城端線」の存続と活性化を市民みんなで考えるきっかけづくりとするために、「第1回終着駅サミットin城端」(11月30日(土)会場じょうはな座)にみんなで参加しよう!

 鉄道「終着駅」が存する市町村、観光協会及び地方鉄道を支援する市民団体等が一堂に会し、地方鉄道の活性化及び「終着駅」を起点とした観光戦略をテーマとする「第1回終着駅サミットin城端」が11月30日(土)に「じょうはな座」で開催されます!

 城端線は、利用者の8割が定期利用者であり、そのほとんどが高校生です。少子高齢化が進む中、利用者が今後さらに減少することが予想されます。私達の「城端線」を未来に繋げるため、これを機会に「城端線活性化」を市民みんなで考えてみませんか?皆様の多数のご来場をお願いいたします。

 サミットでは、南海電気鉄道からの経営移管後「いちご電車」「猫のたま駅長」などユニークな手法で沿線住民、地元自治体と一体になって活性化に取り組んでいる和歌山電鐵専務取締役礒野省吾氏による基調講演にはじまり、鉄道に対する造詣が深い「鉄道アーティスト」(タレント)小倉沙耶氏のゲスト講演、全国に先駆けた路面電車のLRT化により公共交通とまちづくりの一体化を進める富山市の齊藤大作政策監による講演と続き、最後に「終着駅を活かしたまちづくり」と題し、礒野氏、小倉氏、本川氷見市長、田中南砺市長による討論会を行います。
 また、サミットの終わりには、全国から募集した「終着駅」エッセイの入選発表を行い、サミット宣言を行います。

 本サミット参加費は、無料です。ただし、当日の全体交流会に参加される方、宿泊される方、2日目のオプションツアーに参加される方はそれぞれ参加費が必要となります。別添の参加申込書にて11月8日(金)までにお申込ください。なお、サミット参加(無料)のみの場合は、申込不要です。

 サミット参加費  無    料 
 1日目弁 当 代  1,000円 ( 高岡駅にてお渡し )
 全体交流会費   3,000円 ( サミット資料、記念品含む )
 宿  泊  費  別添宿泊案内 ( 交流懇親会費 朝食含む )
 2日目参 加 費  2,000円 ( 昼食 移動費用 午後も含む )

サミットの日程について(予定)
 開会 13:30開会宣言
 1歓迎あいさつ 南砺市長 田中幹夫
  「終着駅」城端を起点とした広域観光 
 2基調講演 和歌山電鉄(株) 専務取締役 礒野省吾
  「夢のある終着駅」
 3ゲスト講演 鉄道アーティスト 小倉沙耶
  「私と終着駅の旅」
 4講演 富山市政策監  斉藤大作
  「公共交通を軸としたコンパクトなまちづくり」
  〜LRT化による地域鉄道の再生と岩瀬地区のまちづくり〜
 5歓迎アトラクション 城端庵唄保存会 
 6パネルディスカッション 南砺市長 氷見市長ほか
  コーデイネーター富山国際大学現代社会学部長 高橋光幸
  「終着駅を活かした まちづくり」
 7「終着駅」エッセイ 入選 発表 表彰
 8サミット宣言
 9記念撮影
   17:20 閉会宣言

関連リンク

関連書類

※ダウンロードします。 (関連書類をご覧になるには)

ご案内

ご案内
問い合わせ先 第1回終着駅サミットin城端実行委員会
電話番号 0763-82-5068

カテゴリ

  • 最終更新日:2013年11月18日(月曜日) 16時00分
  • ID:2-2-1-11411
  • 印刷用ページ

情報発信元

地方創生推進課

電話番号
0763-23-2002

お問い合わせ

ファックス番号
0763-22-1169

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 城端線をまもろう!「第1回終着駅サミットin城端」

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト