現在の位置:トップ > お知らせ > 有限会社 窪田農産が全国優良経営体農林水産省経営局長賞受賞

有限会社 窪田農産が全国優良経営体農林水産省経営局長賞受賞

農業経営の改善、地域農業の振興・活性化の取組が評価されました

情報発信元:農林課

有限会社 窪田農産が全国優良経営体農林水産省経営局長賞受賞の画像
田中市長(右)と窪田和弥代表(左)

11月15日(火)、平成28年度全国優良経営体表彰の法人経営体部門で農林水産省経営局長賞を受賞された有限会社 窪田農産の窪田 和弥代表が、福野庁舎市長室を訪問し、受賞報告をされました。

有限会社 窪田農産が全国優良経営体農林水産省経営局長賞受賞の画像
受賞経緯について歓談

 個人経営体部門、集落営農部門をあわせても富山県で唯一の受賞ということで、市長からも、「富山県で唯一の受賞と伺いました。おめでとうございます。」と、祝福の言葉が述べられました。また、「近年は法人化をしても、若い従業員、後継者が就農をされる経営体が少ない。」という言葉に、窪田代表は「弊社は若い従業員が切磋琢磨し成長をしております。今後さらに地域に大事にされる会社を目指します。」と力強く答えられました。

 有限会社 窪田農産は、家族経営を主体として平成18年に法人化。経営面積を38ha(平成18年)から81ha(平成27年)まで拡大し、現在は7名の従業員を雇用し、大規模経営を展開しています。水稲53ha、大麦12ha、大豆14haの主穀作に加え、果樹(干柿)1,2ha、加工用野菜(カブ)1haで経営を行い、水稲では全体の2割に直播を導入し、省力化と低コストを実践しております。売上高は規模拡大に伴い着実に増加し、平成18年に比べ2倍を超え、財務内容も良好であり、安全性が高い堅実な経営を実践しております。
 
 法人が所在する、福光地域は山間地にかけて傾斜が続く立地条件になっており、その全域が農産物の効率的な生産には不利な中山間地であります。作業性の悪さから地域ではなかなか引き受け手がいない中で、「農業を通じて、地域を守る」を信念に農地の受託を行っており、地域の農地保全に大変貢献しておられます。

 10a区画の条件の悪いほ場を中心に大規模な主穀作経営を展開するとともに、地域特産物の干柿やカブなどを取り入れた複合経営の取り組みは、地域のみならず富山県下のモデル経営となっています。地域に根ざした着実な経営展開により今後の更なる発展とご活躍が期待されます。
 

カテゴリ

事業者向け情報

産業別情報
農林水産業

市政情報

広報・広聴
広報
  • 最終更新日:2016年11月15日(火曜日) 16時50分
  • ID:2-4-9-17042
  • 印刷用ページ

情報発信元

農林課

電話番号
0763-23-2016

お問い合わせ

ファックス番号
0763-62-2112

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 有限会社 窪田農産が全国優良経営体農林水産省経営局長賞受賞

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト