現在の位置:トップ > お知らせ > 22日(金)のオープンを控えイオックス・アローザスキー場でゴンドラ救助訓練実施

22日(金)のオープンを控えイオックス・アローザスキー場でゴンドラ救助訓練実施

お客さまの安全のために万が一のアクシデントに備えて救助連携を確認

情報発信元:南砺で暮らしません課

22日(金)のオープンを控えイオックス・アローザスキー場でゴンドラ救助訓練実施の画像
イオックス・アローザスキー場でゴンドラ救助訓練

 12月4日(月)、イオックス・アローザスキー場でオープン前恒例のゴンドラリフト救助訓練が行われ、砺波地域消防組合消防本部捜索救助隊、南砺消防署、医王アローザ株式会社、アローザ村協議会の皆さん約40名が万一の事態に備えた相互連携を確認しました。

22日(金)のオープンを控えイオックス・アローザスキー場でゴンドラ救助訓練実施の画像
息のあった連携で迅速に救助へと向かう救助隊員

22日(金)のオープンを控えイオックス・アローザスキー場でゴンドラ救助訓練実施の画像
救助は慎重に大きな声を掛け合いながら

22日(金)のオープンを控えイオックス・アローザスキー場でゴンドラ救助訓練実施の画像
滑車を使ってゴンドラへと迫る消防本部捜索救助隊員

22日(金)のオープンを控えイオックス・アローザスキー場でゴンドラ救助訓練実施の画像
救助における連携を相互に確認

 訓練は、強風のため停止した6基のゴンドラ内に8名の要救助者が取り残されたとの想定に基づき実施されました。事故発生の報を受けた救助隊員らは素早く現場へと急行。着実かつ迅速に空中で停止したゴンドラへと辿り着くと、要救助者を安心させるため優しく声をかけ、腰掛け式ハーネスでの脱出方法を分かりやすく指示しながら、安全確実な救助活動を展開しました。
 訓練終了後、医王アローザ株式会社の上田匡人チーフマネージャーが「本日はありがとうございました。今シーズンの降雪は平年並との予報です。お客さまの安心安全を第一に、万が一の際には連携協力のほどよろしくお願いいたします」と感謝を込めて講評。続いて砺波地域消防組合の中谷博之消防長が「スキー場をはじめ冬の山では思いがけない事故が起こりうるもの。そういう現場で『想定外』という言葉は通用しない。ありとあらゆる事態に備えて日頃から準備を整え、対応できるように備えてほしい」と、ウィンターシーズンに向け、今一度気持ちを引き締めるよう講評を述べました。

 イオックス・アローザスキー場のオープンは再来週22日(金)。たいらスキー場は16日(土)、タカンボースキー場も22日(金)にオープンする予定です。いよいよウィンターシーズン本番間近。市内スキー場への豊富な降雪を期待しつつ、スキーやスノーボードを入念に手入しておき気持ちよくシーズンインを迎えましょう!

関連リンク

ご案内

ご案内
問い合わせ先 イオックス・アローザ
電話番号 0763-55-1326

カテゴリ

くらしの情報

学ぶ・交流
スポーツ
生活環境
防災・防犯

市政情報

広報・広聴
広報
  • 最終更新日:2017年12月4日(月曜日) 18時00分
  • ID:2-3-12145-18936
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 22日(金)のオープンを控えイオックス・アローザスキー場でゴンドラ救助訓練実施

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト