現在の位置:トップ > お知らせ > 第68回社会を明るくする運動南砺市民大会が開催

第68回社会を明るくする運動南砺市民大会が開催

犯罪や非行のない明るい社会を目指して

情報発信元:南砺で暮らしません課

第68回社会を明るくする運動南砺市民大会が開催の画像
推進委員会長を務める田中市長のあいさつ

 7月29日(日)、福光地域で第68回社会を明るくする運動南砺市民大会・南砺市交通安全大会/地域安全大会が開催されました。

第68回社会を明るくする運動南砺市民大会が開催の画像
内閣総理大臣と富山県知事からのメッセージ伝達

第68回社会を明るくする運動南砺市民大会が開催の画像
生活体験発表を行う藤井未悠さん

第68回社会を明るくする運動南砺市民大会が開催の画像
山越太陽さんは家庭での体験から暮らしやすい社会実現を発表

第68回社会を明るくする運動南砺市民大会が開催の画像
更生保護女性会の前寺恵美子さんが大会宣言

 7月は“社会を明るくする運動”の強調月間ということで、毎年より多くの方が集まる時期や場所で効果的にPRを行おうと、福光ねつおくり七夕祭りの開催時期にあわせて市民大会と交通安全大会・地域安全大会および大会パレードが行われています。
この日、南砺高宮の観測地点では今年最高となる35.6度を記録。このため、大会に引き続き予定されていたパレードは中止。また、福光庁舎別館に会場を移して行われた市民大会では、社会を明るくする運動南砺市推進委員会の会長を務める田中市長をはじめ、富山保護観察所の五十嵐則夫課長、そして富山県議会の山邊美嗣富山県議会議員のあいさつに続いて、内閣総理大臣と富山県知事のメッセージ伝達が行われました。また、第56回富山県中学生生活体験発表会において北陸電力社長賞を受賞した平中学校3年生の藤井未悠さんと、同じく富山県保護司会連合会長賞を受賞した吉江中学校3年生の山越太陽さんが生活体験発表を行い、それぞれの生活や家庭など身の回りの出来事から気付いた「将来に向かって自分らしく生きることの大切さ」や「話すことやたべることなど当たり前にできることの大切さ」などを発表し、誰もが暮らしやすい社会の実現を訴えました。
 続いて、南砺市更生保護女性会福光地区会の前寺恵美子会長が大会宣言を読み上げ、犯罪や非行のない明るい社会についてPRしました。

ご案内

ご案内
問い合わせ先 市民生活課 生活安全衛生係
電話番号 0763-23-2035

カテゴリ

くらしの情報

保健・福祉
介護・福祉
生活環境
防災・防犯
交通安全
労働・消費生活

市政情報

広報・広聴
広報
  • 最終更新日:2018年7月29日(日曜日) 13時00分
  • ID:2-3-12145-19961
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 第68回社会を明るくする運動南砺市民大会が開催

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト