現在の位置:トップ > お知らせ > 愛知県弥富市と南砺市の民生委員児童委員協議会の皆さんが交流研修会を実施

愛知県弥富市と南砺市の民生委員児童委員協議会の皆さんが交流研修会を実施

両市民児協の連携・交流の発展を願い「弥富金魚」を頂きました

情報発信元:南砺で暮らしません課

愛知県弥富市と南砺市の民生委員児童委員協議会の皆さんが交流研修会を実施の画像
弥富金魚の贈呈

 愛知県弥富市の民生委員児童委員協議会の皆さんが南砺市を訪れ、南砺市民児協と交流研修会を行いました。交流研修会に先立ち、今後の両民児協の連携・交流がますます発展することを願い、日本一の金魚生産地である弥富市の皆さんから「江戸錦」や「桜錦」など弥富市で生産される品種の金魚約80匹が南砺市へ贈呈されました。

愛知県弥富市と南砺市の民生委員児童委員協議会の皆さんが交流研修会を実施の画像
弥富市の村瀬民生部長

愛知県弥富市と南砺市の民生委員児童委員協議会の皆さんが交流研修会を実施の画像
巴松の苗木の贈呈

愛知県弥富市と南砺市の民生委員児童委員協議会の皆さんが交流研修会を実施の画像
交流研修会

愛知県弥富市と南砺市の民生委員児童委員協議会の皆さんが交流研修会を実施の画像
頂いた金魚の一部

 全国民生委員児童委員連合会の会長を務める南砺市民児童協の得能金市会長が連合会での活動を通して、弥富市民児協の福田朝子会長と交流があり、昨年8月に福光地域の民児協の皆さんが弥富市を訪問し交流を深め、今回は弥富市の皆さんが南砺市を訪問され交流研修会などが行われることになりました。

 福光庁舎1階の市民ホールで行われた贈呈式では弥富市の村瀬美樹民生部長が「南砺市の文化・歴史を学び、皆さんとの交流を楽しみたいと思います」とあいさつされ、今後の両民児協の連携・交流がますます発展することを願い「江戸錦」や「桜錦」など弥富市で生産される品種の金魚約80匹が弥富市から南砺市へ贈呈されました。南砺市から弥富市へは得能会長が育てた巴松の苗木と五箇山和紙のタペストリーが送られ、工藤副市長が「頂いた金魚は我が子のように大切に育てたいと思います。このご縁を機会にして両市の交流がもっと深まることを願っています」とお礼のあいさつを述べました。

 贈呈式終了後、両民児協の皆さんは福光庁舎別館3階ホールに会場を移して交流研修会が開かれ、両協議会の概要説明や活動紹介、グループに分かれての意見交換を行い交流を深めました。

ご案内

ご案内
問い合わせ先 福祉課 社会福祉係
電話番号 0763-23-2009

カテゴリ

くらしの情報

保健・福祉
介護・福祉
  • 最終更新日:2018年11月6日(火曜日) 16時00分
  • ID:2-3-12145-20391
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 愛知県弥富市と南砺市の民生委員児童委員協議会の皆さんが交流研修会を実施

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト