現在の位置:トップ > お知らせ > 5月市長定例記者会見

5月市長定例記者会見

 

情報発信元:南砺で暮らしません課

5月市長定例記者会見の画像
5月定例記者会見

 平成21年5月7日(木曜日)、福光庁舎で田中市長が「定例記者会見」を開きました。

 田中市長は、「ゴールデンウイーク中は天候にも恵まれ、市内の祭りやイベントに大勢の方々が訪れてくれました。名古屋市内に開所した砺波地域情報センターで広く南砺市の魅力をアピールし、今後の行楽シーズンに向けてPRを強化したい」と、集まった記者団にあいさつしました。最近の市に関する話題などについて説明し、質問に答えました。

<記者会見要旨>
@定額給付金給付事業実施状況と子育て応援特別手当実施状況について
 定額給付金は3月31日に郵送にて18,027世帯に送付し、4月30日現在で16,798件を受付けている。子育て応援特別手当は622世帯に送付し、5月1日現在で566世帯分を受付けており、5月末からは未申請者の対応に取り組む予定である。
  
A「みんなで農作業の日」in五箇山について
 五箇山など中山間地域の耕作放棄地対策の一つとして推進しており、コーリャク隊員を随時募集している。定住者の増加にも期待している。

B「じょうはな座」リニューアル記念イベントについて
 最新のフルハイビジョンシステムと音響設備を導入することで、地方自治体におけるホールの運営方法を探りたい。7月4日・5日の両日、じょうはな座にて記念イベントを企画している。 
 
C新型インフルエンザ対策について
 4月30日に対策会議を開き、5月1日本部を立ち上げ、情報班を設置した。砺波厚生センターと連携しながら情報を収集し、市民の民さんには、うがいや手洗いの徹底を呼びかけたい。
 
D南砺市プレミアム商品券の販売について
 5月10日に市内7か所で限定18,000セットが販売されるので、ぜひお求めいただき、市内の取扱店で買い物をしていただきたい。

E南砺市ホームページに外国語翻訳機を搭載
 市のホームページに機械翻訳を追加した。市内に住む外国人や海外からの観光客向けに、英語・中国語・韓国語で、生活情報など最新の行政情報や詳細な観光情報の発信が可能となった。

・<質疑応答(主なもの)>
Q:ゴールデンウイーク中のイベントなど、観光客の入り込み数は?
A:各施設や行事などは集計中。中日本高速道路の情報で4月25日から5月 5日まで11日間の出入り総数が、福光ICで約32,000台(昨年比3,000台増)、五箇山ICで約23,000台(昨年比5,000台増)となった。高速道路の割引効果が反映したものと思われる。近隣市町村と協力しながら、誘客増加を図りたい。

Q:市ホームページの機械翻訳(ASP方式)とは?
A:全情報の約9割を、英語や中国語、韓国語に翻訳する機能がある。

Q:観光協会の合併時期は?
A:平成19年に準備組織として南砺市観光連盟を立ち上げた。平成21年度中には一本化した組織を設立し、市の観光産業を担っていけるよう、現在各地域の調整を進めている。

カテゴリ

市政情報

広報・広聴
広報
市の概要
市政
  • 最終更新日:2009年5月7日(木曜日) 21時34分
  • ID:2-3-12145-5506
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 5月市長定例記者会見

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト