いつも「なんとちゃんねる」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
「なんとちゃんねる」は、放送機器の老朽化等のため、平成30年10月末をもって、順次停波させていただくこととなりました。
サービス開始より、多くの方にご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

本件に関するお問い合わせはこちらよりお願い致します。

※ なお、エリア放送受信報告受付、ベリカードの発行については、返信できる印刷済ベリカードの印刷枚数が限られておりますので、まことに申し訳ありませんが、平成30年4月25日から10月末までの受付とし、先着50名でお一人様1枚のみの発行とさせていただきます。 (送付誤りを防ぐため、報告書を郵送される際には、はがきサイズ10.2×15センチ(ベリカード)が入る返信用封筒(定型封筒)に、郵便番号・住所・氏名などを記載の上、82円切手を貼り付けて同封いただければ幸いです。)

※ 現在、機器の老朽化が原因で放送機器の再起動を行っても常時電波を発信できず、発信が不安定な場合があるようです。
アンテナ近くでも「なんとちゃんねる」を視聴できない場合がありますが、ご容赦いただけますようお願いいたします。
※ 4月25日現在、上平、平、利賀、福光地域、および五箇山地域の観光施設(相倉、菅沼、道の駅上平、五箇山観光案内所)が不安定な状況です。

なんとちゃんねるについて

 南砺市では、平成23年4月に総務省よりホワイトスペース特区の認定を受け、同年12月から五箇山地域と城端地域においてエリア放送実験「なんとちゃんねる」を行ってまいりました。
 平成24年10月には新たに、福野、井波、井口、福光の4地域を追加整備し、「なんとちゃんねる」が視聴できるようになりました。
 本エリア放送型システムは、デジタル放送技術を駆使した、新しい形の地域密着型情報提供システムであり、観光交流人口の増加や災害情報伝達の新しい手段として、様々な可能性を持っております。今回の放送実験を通じて様々な情報手段により、ユビキタスな南砺市を創造したいと考えております。

参考サイト
南砺市でホワイトスペース特区の実証実験成果を実用化
総務省北陸総合通信局

なんとちゃんねるワンセグ画面イメージ

「なんとちゃんねる」の
ワンセグ放送