現在の位置:トップ > お知らせ > 平成26年度予算(案)を記者発表

平成26年度予算(案)を記者発表

平成26年度予算(案)を記者発表

情報発信元:南砺で暮らしません課

平成26年度予算(案)を記者発表の画像
平成26年度予算(案)記者発表

 2月17日(月)、福野庁舎で田中市長が平成26年度予算(案)を記者発表しました。

 田中市長は、「平成26年度は、合併10周年を迎える節目の年であり、また北陸新幹線開業年度でもある。市としては、これまで取り組んできた元気なまちづくり事業等について、より具体的で実践的な取組を推進する『課題解決』事業を予算に盛り込み、市民目線に立ち、市民満足度向上に努める。」とあいさつし、新年度予算の概況を説明しました。

<記者会見要旨>
 ◆一般会計は前年度当初予算に比べ3.4%減の334億2,000万円
 主なものとして
 ・エコビレッジ地域モデル事業補助金 900万円
 ・クアガーデンへの太陽光発電パネル設置 7,537万円
 ・防災行政無線山間部中継施設整備 3億173万円
 ・消防再編署所1・2整備 1億6,303万円
 ・そくさいネットふれiTV2システム整備 6,529万円
 ・福光東部統合保育園建設 2億9,669万円
 ・井波児童館建設 2億3,094万円
 ・保育料第3子無料化(影響額) △1,876万円
 ・こども妊産婦医療費助成の拡充 1,059万円
 ・「確かな学力」の育成 算数(数学)・国語学習サポーター設置事業 1,297万円
 ・歴史と文化が薫るまちづくり事業 4,000万円
 ・北陸新幹線開業に向けての新たな取組 1,700万円
 ・福光美術館増築 4億3,658万円
 ・定住化の促進(婚括、定住促進、空き家対策など) 5,329万円
 ・地域づくり交付金 8,593万円
 ・協働のまちづくりチャレンジ事業 427万円
 ・旧保育園(井波第二、広瀬舘、安居、東中江)の解体 9,780万円

 ◆特別会計(8会計)は前年度当初より2.1%減の88億6,290万円
 ◆企業会計(3会計)は前年比当初より2.9%減の155億2,250万円

◎合計 前年比当初より3.1%減の578億540万円となります。

<質疑応答要旨>
Q.課題解決事業を盛り込み、様々な分野で重点項目を設けて事業を推進するにあたっての思いは?
A.南砺市の高齢化・少子化が進む速度は他の地域に比べて早いと言われている。そこで、ますます進むであろう高齢化に対しては、健康寿命をいかに延ばし、住み慣れた自宅もしくは家族と近いところで温かい介護を受けられるように地域包括医療ケアの体制をさらに推進し、家族の負担も軽くなるようにしていきたい。子育て支援についても消費税増税分を充てて保育料の第3子以降の無料化、ならびに中学3年生までの通院医療費助成(実質1割負担)、こども医療費の所得制限の廃止などを実施することで、しっかりとサービスを拡充し、少子化対策を推進していきたい。
 また、これまで取り組んできた元気づくり事業・エコビレッジ構想などの事業について具体的なかたちを市民の皆さんに示し、定住対策や婚活事業を推進することで地域に元気を創出するなど、広い分野で総力を持って積極的に取り組んでいきたい。

ご案内

ご案内
問い合わせ先 財政課 財政係
電話番号 0763-23-2004

カテゴリ

市政情報

広報・広聴
広報
市の概要
予算・決算
  • 最終更新日:2014年2月17日(月曜日) 14時00分
  • ID:2-3-12145-11944
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 平成26年度予算(案)を記者発表

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト