現在の位置:トップ > お知らせ > 家庭・学校・地域が守り育てる「人づくりの地」で新たな歴史を刻みます

家庭・学校・地域が守り育てる「人づくりの地」で新たな歴史を刻みます

上平地域皆葎に新設の上平小学校で開校式と入学式を挙行

情報発信元:南砺で暮らしません課

家庭・学校・地域が守り育てる「人づくりの地」で新たな歴史を刻みますの画像
高原兄さんの指揮で新校歌を披露

 4月8日(火)、上平地域の皆葎に新設された上平小学校で開校式と新設小学校第1回目の入学式が挙行され、新校歌を作詞・作曲された高原兄さんをはじめ、市や地域の関係者の皆さん約180名が参加し新しい学校の門出を祝いました。

家庭・学校・地域が守り育てる「人づくりの地」で新たな歴史を刻みますの画像
校章の刺繍があしらわれた新校旗の入場

家庭・学校・地域が守り育てる「人づくりの地」で新たな歴史を刻みますの画像
新入学児童13名 元気に「ハイ」と言えました

家庭・学校・地域が守り育てる「人づくりの地」で新たな歴史を刻みますの画像
児童代表から歓迎の言葉が贈られました

 開校式は、新しい校旗の入場に始まり、田中市長の式辞、才川議長からの祝辞に続き、溝口秀勝校長が「五箇山の素晴らしさを生かし、人づくりのブランド校として認められるような学校づくりをし、家庭・地域を手を取り合い、子どもたちを育てたい。光り輝く五箇山の未来を信じて、これまでの平・上平小学校同様に地域の皆さんのご支援をお願いします。」とあいさつ。続いて児童代表の長谷怜信くんと丘村加名さんが「新しい学校での、たくさんの友だちとの学校生活にワクワクしています。何事にも全力で取り組み地域の希望になれるよう頑張ります。明るく元気で笑い声の絶えない素敵な学校をみんなでつくりあげていきます。」と宣言。最後は、新校歌の作詞作曲者で富山出身のシンガーソングライター高原兄さんの指揮で新しい校歌を披露。命、やさしさ、たくましさ、伝統を受け継いでいくことの大切さを込めた素晴らしい歌詞と心地よいリズム、そして児童らの爽やかな合唱に、参列された皆さんが聞き惚れていました。
 開校式に引き続いて執り行われた入学式では、新入学児童13名が元気よく入場。児童呼名にも元気よく大きな声で返事をし、溝口校長の式辞、田中市長からの祝辞、そして児童代表の平本尚哉くんと中谷梨央さんからの入学祝いのことばに耳を傾けたのち、先輩児童とともに大きな声でハツラツと校歌を歌いあげました。
 上平小学校は、新入学児童13名を含めて全校児童89名で新しい歴史をスタートします。南砺の宝である子どもたちを、家庭が育て、学校で磨き、地域が鍛えることで、「人づくりの地」五箇山の新しい小学校が、ますます発展していくことが期待されます。

カテゴリ

くらしの情報

ライフステージ
入園・入学
学ぶ・交流
学校・教育

市政情報

広報・広聴
広報
  • 最終更新日:2014年4月8日(火曜日) 14時30分
  • ID:2-3-12145-12162
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 家庭・学校・地域が守り育てる「人づくりの地」で新たな歴史を刻みます

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト