現在の位置:トップ > お知らせ > みんなで子どもを支えていく社会づくりを考える!

みんなで子どもを支えていく社会づくりを考える!

「なんと教育フォーラム2014」が開催

情報発信元:南砺で暮らしません課

みんなで子どもを支えていく社会づくりを考える!の画像
富山サンダーバーズ永森社長が講演

 12月6日(土曜日)、城端伝統芸能会館じょうはな座で市PTA連絡協議会主催の「なんと教育フォーラム2014」が開催され、市内小・中学生の保護者の皆さんをはじめ大勢の方が参加され、講演を通じて子育てや教育について考えました。

みんなで子どもを支えていく社会づくりを考える!の画像
市PTA連絡協議会山本会長あいさつ

 冒頭、主催者である南砺市PTA連絡協議会の山本均会長が、「近年、少子化が進む中で子どもたちを取り巻く環境は多くの問題を抱えています。親として教育現場と対話を重ねながら、皆さんとともに解決に向けて取り組んでいきたい」とあいさつ。続いて、来賓の南砺市教育委員会の高田勇教育長が「家庭と地域、保護者との関わり合いの中で、一体となって子どもの健全な成長を育み、明るい社会が築かれるよう期待したい」と述べられました。
 続いて行われた講演会では、富山サンダーバーズベースボールクラブの永森茂代表取締役社長が「富山サンダーバーズの目指すもの」と題して講演。前半は、野球界の現状や課題を解説しながら、永森社長自らが社長を引き受けた自身の体験談を交えつつ、球団運営の工夫や苦労話などを紹介。地域密着型球団である富山サンダーバーズの理念を、「野球を通じて地域の方々に夢と希望を与えるふるさとのプロ球団であり、地域の活性化や子どもの健全育成に取り組んでいます」と具体的な活動事例を挙げながら話されました。後半では、球団がこれから取り組むべき課題とその解決策を通じて、求められる野球選手像を紹介。「選手には身体能力そのもの以上に、取り組む姿勢や考え方が求められます。普段から想像力を持ち、工夫していくことがいい選手、そしていい社会人になることにつながる」として、「地域に愛されるチームになりたい」と熱く語り、会場の参加者は熱心に耳を傾けていました。
 講演後、客席の参加者からは質問や提案などが投げかけられ、永森社長は一つ一つ丁寧に答えておられました。

ご案内

ご案内
問い合わせ先 教育総務課 総務係
電話番号 0763-23-2012

カテゴリ

くらしの情報

ライフステージ
出産・育児
学ぶ・交流
学校・教育
保健・福祉
育児・保育

市政情報

広報・広聴
広報
  • 最終更新日:2014年12月6日(土曜日) 17時00分
  • ID:2-3-12145-13446
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > みんなで子どもを支えていく社会づくりを考える!

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト