現在の位置:トップ > お知らせ > 有村治子少子化対策特命担当大臣が南砺市来訪

有村治子少子化対策特命担当大臣が南砺市来訪

おせっ会の皆さんと活発に意見交換

情報発信元:南砺で暮らしません課

有村治子少子化対策特命担当大臣が南砺市来訪の画像
国の少子化対策について熱心に語る有村大臣

 7月11日(土)、有村治子少子化対策特命担当大臣が南砺市を訪れ、市が取り組んでいる婚活支援事業などをはじめ婚活応援団「なんとおせっ会」会員の皆さんなどと少子化対策などをテーマに活発な意見交換を行いました。
 国としても晩婚化や晩産化などを要因として少子化傾向に歯止めがかかっていない深刻な状況の中、現場の生の声を聞き、取り組みに反映させたいとの思いから先駆的な取り組みを行っている南砺市への訪問となったものです。

有村治子少子化対策特命担当大臣が南砺市来訪の画像
懇談会に出席された皆さんと記念撮影

 この日開かれた有村大臣との懇談会には、婚活応援団「なんとおせっ会」の会員の皆さんや婚活支援事業をきっかけに結婚された2組のご家族が出席。冒頭、有村大臣は「このほど少子化社会対策大綱を制定いたしました。先駆的な南砺市の取り組みなどをお聞かせいただき、民間と行政が一体となって少子化対策を推進し、国としても皆さんの取り組みを後押ししていきたい」とあいさつされ、市側から婚活応援団「なんとおせっ会」や「婚活倶楽部なんと」など婚活支援事業の取り組みをはじめ、子育て支援事業など市の施策について説明を受けられました。
 懇談会では、成婚された皆さんが経緯について有村大臣から聞かれると、「おせっ会のみなさんに背中を押していただきました」、「地域の実情などもあわせてアドバイスをいただき、安心感が生まれました」と、おせっ会の皆さんの役割を強調。また、おせっ会の皆さんからは「3人目以降の子どもを産み育てるためは、産み育てる環境づくりに向けた国の支援が必要。また、子どもの頃からの子育て教育も重要ではないか」など活発な意見交換が行われました。
 懇談会終了後には、おせっ会の名誉会員として会員証と名刺が手渡され、会場を後にされた有村大臣。少子化対策の現場の声を身をもって実感されておられました。

関連リンク

ご案内

ご案内
問い合わせ先 南砺で暮らしません課
電話番号 0763-23-2037

カテゴリ

くらしの情報

ライフステージ
結婚・扶養
引越・住まい・定住

市政情報

広報・広聴
広報
  • 最終更新日:2015年7月11日(土曜日) 17時30分
  • ID:2-3-12145-14636
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 有村治子少子化対策特命担当大臣が南砺市来訪

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト