現在の位置:トップ > お知らせ > 井波庁舎で「平成27年度第2回南砺市総合教育会議」開催

井波庁舎で「平成27年度第2回南砺市総合教育会議」開催

総合戦略、ICTの教育利用推進にかかる環境整備、五箇山景観条例制定について協議

情報発信元:南砺で暮らしません課

井波庁舎で「平成27年度第2回南砺市総合教育会議」開催の画像
第2回南砺市総合教育会議

 11月30日(月)、井波庁舎で平成27年度第2回南砺市総合教育会議が開催され、田中市長と市教育委員会の渡邊委員長をはじめとする教育委員の皆さん、高田教育長と市教育委員会担当部課長らが参加し、南砺幸せなまちづくり創生総合戦略、ICTの教育利用推進に係る教育関係の整備、五箇山景観条例制定などについて協議しました。

井波庁舎で「平成27年度第2回南砺市総合教育会議」開催の画像
さまざまな意見の交換が行われました

井波庁舎で「平成27年度第2回南砺市総合教育会議」開催の画像
田中市長も意見交換に参加

 南砺幸せなまちづくり創生総合戦略については、戦略に掲げる「南砺を想う子を育む」施策中の「ふるさと教育推進事業」の拡充や「学校間をつなぐ遠隔協働学習」・「NORIN TENでふるさと教育」・「山村留学定住事業」などの新規事業をはじめ、「奨学金を活用した大学生等の地方定着促進事業」の拡充や「五箇山茅場の造成補助事業」について説明。ICT教育推進に係る環境整備については平成28年度から33年度までの5年間で3期にわたる環境整備を実施、デジタル教科書導入モニター、モデル校における実践研究を通して電子黒板、実物投影機、タブレット端末などのICT機器を順次整備配備する計画について協議。また、五箇山景観条例制定については、旧平・上平村で制定され合併後に市の暫定条例となっていた「自然環境及び文化的景観の保全に関する条例」を「(仮称)五箇山景観条例」として改訂し、「景観計画」(保存計画)を定めて保護体制整備を図ることや、白川村の景観条例を参考に新築・増築・改築移転等の届出の必要となる行為の規制について同レベルの基準値を設定すること、「重要景観資産」の指定や「眺望景観」の保存など、市独自の規定を設けた条例案の内容について協議されました。
 また、来年8月に呉西6市で開催される平成28年度第26回世界少年野球大会についての説明があり、8月17日から25日までの会期中、22日から23日のいずれか1日が南砺を会場とする旨が発表されました。期間中は世界12カ国から約60名の野球少年が訪れ、県内12チームとの交流試合や野球教室、郷土芸能・スポーツ・観光体験などで交流を深めるとの事です。
 続いての教育行政についての意見交換では、「南砺市らしい風土をいかした教育」、「多忙な教職員の現状」、「ICT活用に向けた学習規律の整備や教員のリテラシー向上」、「家庭における教育力の向上」、「市内各地域の良さを知る機会」、「教職員事務のスクラップ&ビルド」、「教育を重視する地域の理解」、「地域の教育力」、「ふるさと教育の有用性」、「児童生徒らの発信を評価する仕組みづくり」などの意見や提言などがありました。

ご案内

ご案内
問い合わせ先 教育総務課
電話番号 0763-23-2012

カテゴリ

くらしの情報

学ぶ・交流
学校・教育
生涯学習
スポーツ
文化・芸術
国際交流

市政情報

広報・広聴
広報
  • 最終更新日:2015年11月30日(月曜日) 17時00分
  • ID:2-3-12145-15377
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 井波庁舎で「平成27年度第2回南砺市総合教育会議」開催

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト