現在の位置:トップ > お知らせ > 市営バス(なんバス)新路線「城端さくら線」出発式

市営バス(なんバス)新路線「城端さくら線」出発式

路線名にちなみ桜の花びら舞うラッピングが施された新車両で運行を開始

情報発信元:南砺で暮らしません課

市営バス(なんバス)新路線「城端さくら線」出発式の画像
大勢の市民に見送られ城端駅前を出発

 4月1日(金)、JR城端駅前でなんバス新路線「城端さくら線」の出発式が開催され、田中市長や川邊市議会議長をはじめ、地域住民など大勢の皆さんが集まり、城端駅と桜ヶ池周辺を結ぶ新たな路線の出発を見守りました。

市営バス(なんバス)新路線「城端さくら線」出発式の画像
城端さくら線の新車両「さくらシャトル」

市営バス(なんバス)新路線「城端さくら線」出発式の画像
田中市長のあいさつ

市営バス(なんバス)新路線「城端さくら線」出発式の画像
川邊議長から祝辞

市営バス(なんバス)新路線「城端さくら線」出発式の画像
新路線運行開始を祝うテープカット

 桜ヶ池周辺には桜ヶ池クアガーデンやヨッテカーレ城端、桜ヶ池クライミングセンター、城端サービスエリア内の高速バスバス停などが立地するほか、今月には昨年から建設が進むクリエイタープラザがオープンするほか、全国的なアニメ制作会社ピーエーワークスの新社屋が完成。また、市が推進するエコビレッジ構想のモデル地域でもあり、今後ますます多様な人材や観光客が集まる場所となることから、このたび市営バス(なんバス)新路線「城端さくら線」が運行されることとなりました。
 出発式では、路線名にちなみ「桜の花咲く」の語呂である「さ8739」の車両ナンバーをつけたレトロモダンな装いのノンステップバス新車両と城端駅を背に田中市長が「エコビレッジ構想とクリエイタープラザオープンを受けて文化創造拠点となる桜ヶ池周辺と城端駅を結ぶ新路線が大勢の方々にご利用いただきたい」とあいさつ。続いて川邊議長、呉西地区公共交通再生研究会の安田賢治会長から祝辞が贈られ、テープカットが行われたのち、大勢の方々が見送る中、城端さくら線の新車両が城端駅前から出発、市営バス(なんバス)の歴史に新たな1ページを刻みました。

ご案内

ご案内
問い合わせ先 地方創生推進課 交通政策係
電話番号 0763-23-2052

カテゴリ

くらしの情報

ライフライン
道路・交通

市政情報

広報・広聴
広報
  • 最終更新日:2016年4月1日(金曜日) 13時30分
  • ID:2-3-12145-15998
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 市営バス(なんバス)新路線「城端さくら線」出発式

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト