現在の位置:トップ > お知らせ > シンクロナイズドスイミング日本代表の井村雅代ヘッドコーチがヘリオスで熱く講演

シンクロナイズドスイミング日本代表の井村雅代ヘッドコーチがヘリオスで熱く講演

リオオリンピックにはこんなドラマが渦巻いていた!

情報発信元:南砺で暮らしません課

シンクロナイズドスイミング日本代表の井村雅代ヘッドコーチがヘリオスで熱く講演の画像
井村雅代ヘッドコーチがヘリオスで講演

 12月3日(土)、福野文化創造センター「ヘリオス」で南砺市商工会女性部講演会が開催されました。今夏日本を熱く盛り上げてくれたシンクロナイズドスイミング日本代表の井村雅代ヘッドコーチを講師に招き、「リオオリンピックにはこんなドラマが渦巻いていた」とのテーマで繰り広げられた魂を震わせるような熱い講演に、満員大入りの観衆700名が惹き込まれました。

シンクロナイズドスイミング日本代表の井村雅代ヘッドコーチがヘリオスで熱く講演の画像
世界的名コーチの凛とした佇まい

シンクロナイズドスイミング日本代表の井村雅代ヘッドコーチがヘリオスで熱く講演の画像
700人、満員の大観衆が聴き入りました

シンクロナイズドスイミング日本代表の井村雅代ヘッドコーチがヘリオスで熱く講演の画像
商工会女性部から感謝の花束

シンクロナイズドスイミング日本代表の井村雅代ヘッドコーチがヘリオスで熱く講演の画像
花束を手に爽やかな笑顔

 1978年から日本代表コーチを務め、シンクロナイズドスイミングが五輪種目に採用されてから実に6大会連続でメダルを獲得し、多くの名選手を育ててきた井村コーチ。その輝かしい経歴と確かな指導力が評価され、初のメダル獲得をもたらした中国をはじめ、アメリカ、カナダ、韓国、スペインなど様々な国に講師として招かれ、まさに世界を舞台に活躍。2014年4月には、日本代表コーチに復帰し、今夏開催のリオ五輪では、デュエットで2大会ぶり、チームでは実に3大会ぶりとなるメダル獲得をもたらしました。
 講演ではまず、リオ五輪の大会環境の悪さに触れ「本当に苦しい時、人は文句を言わない。その環境を受け入れ、どうすべきか考える」、「勝つべき選手が勝つ」と断言。また、10年ぶりにコーチとして指導を始めた頃の日本代表選手たちは「練習に燃えない、みんな一緒であること、絆やチームワークが好きな良い子たち」で、「日本は外国」と思うほど言葉や真意が伝わらなかったと言及。「極限まで練習して倒れたことの無い選手たちは、達成感を得たことが無い」とし、「無理をしろ!力を出せ!」、「自分の頑張りは自分が認めるものではなく他人が認めるもの」、「大きな目標と小さな目標(1mmの目標)を持ち、毎日達成すること」とし選手を鼓舞したそうです。
 さらに、「結果を決める事」について触れ、例えとして「メダルを取ると決めると、プロセスが決まり、あとは腹をくくってやるだけになる」とし、最悪の条件での練習を続けることでレベルの底上げを行ったそうです。同時に水着にもこだわり、身長差をごまかすための煌びやかなスワロフスキーの縫い付けを選手の母親たちに頼み「“千人針の心”で仕上げられた水着が選手たちをより一層輝かせ、最後は人の心、母の心に助けられる」とのエピソードを披露。「9回目となる今回のオリンピックが一番キツイ練習をしてきた。だから試合は大丈夫!チームワークは不要。自分の事だけ考えて、自分を信じて演技をしなさい!」と力強く選手を送り出したエピソードを紹介したところで、リオ五輪チーム戦フリールーティン時の映像が会場に流れ、3大会ぶりのメダルを獲得を決めた演技を見終えた観衆からは大きな拍手が起き、さらにメダル獲得決定の瞬間にも一際大きな拍手が沸き起こりました。
 映像を見終えた井村コーチは「選手たちはとても綺麗だった。メダリストになってしまった。選手たちを追い込み苦しい思いをさせた私の責任はメダルを取らせる事だった」と感慨深く振り返り「日々の流行ではなく“一流”を目指すこと、真似をするのではなく、一流であること」を呼び掛け、「人は人の目にさらされて成長する。日本のシンクロにはメダルがよく似合う。2020年東京では違う色のメダルを目指して動き始めています。皆さんの応援をよろしくお願いします」と講演を締めくくると割れんばかりの拍手と歓声が三度会場内に沸き起こりました。
 続いての質問コーナーでは、短期間での指導のポイントを聞かれ、「足りない部分全てに手はつけず、一点集中で長所をのばす指導を行うこと、日頃のあいさつや笑顔の徹底」を指導。さらにスイミングクラブの女子選手からは試合直前の気持ちの作り方を問われると、「練習を積み重ねた自分を信じる事」とアドバイス。また、中学校の先生から南砺の子どもたちへのメッセージを求められると「あきらめるのはいつでも出来る。だから今あきらめない!自分の可能性を信じろ!」と力強いエールを送ってくださいました。

ご案内

ご案内
問い合わせ先 南砺市商工会本部
電話番号 0763-22-2536

カテゴリ

くらしの情報

学ぶ・交流
生涯学習
スポーツ

事業者向け情報

産業別情報
商工業

市政情報

広報・広聴
広報
  • 最終更新日:2016年12月3日(土曜日) 20時00分
  • ID:2-3-12145-17111
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > シンクロナイズドスイミング日本代表の井村雅代ヘッドコーチがヘリオスで熱く講演

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト