現在の位置:トップ > お知らせ > 田中市長へ提出 「協働のまちづくり」の3つの提言

田中市長へ提出 「協働のまちづくり」の3つの提言

平成28年度第3回南砺市協働のまちづくり推進会議開催

情報発信元:南砺で暮らしません課

田中市長へ提出 「協働のまちづくり」の3つの提言の画像
林委員長より市長へ提出

 1月13日(金)、福野庁舎で平成28年度第3回南砺市協働のまちづくり推進会議が開催され、林委員長から田中市長に、協働のまちづくりの更なる推進を求める提言書が手渡されました。

田中市長へ提出 「協働のまちづくり」の3つの提言の画像
会議の様子

 平成24年7月に施行された「南砺市まちづくり基本条例」。南砺市協働のまちづくり推進会議(林則雄 委員長)では、任期の2年にわたり、条例の運用や進捗状況を確認・検討されてきました。本年度はまちづくりに対しての温度差を懸念し、更なる協働のまちづくりの推進に向けての課題や解決方法について話し合った結果を提言としてまとめられました。
 会議では、林委員長から田中市長に提言書が手渡されたのち、委員長が提言書の概要について説明。続いて委員の皆さん一人ひとりから今回の提言を作成するまでの経緯や、「協働のまちづくりには市民がプレーヤーであることが必要でありそれを検討する場を設置してほしい」「地域の課題を解決するには市民の総参加が必要だが、無理をするものではなくみんなの総意を得て解決できる参加方法が良い」「市民レベルの勉強会を開催し、これから地域づくりはどうあるべきか話していきたい」「振興会の中で意見を求めてもなかなか出にくい状況になる。小さなチームをつくるような仕掛けをつくるのも一つの方法」「まちづくりは行政から市民への提案ではなく、市民から湧き上がる活動を行政がバックアップすることが大事」と、提言への思いが述べられました。
 提言と委員の皆さんの思いを受けた田中市長は、「今回の3つの提言は、これからのまちづくりにあたりとても大事な事。皆さんの思いをしっかりと受け止め、これまでの課題と反省点を踏まえ協働のまちづくりを進めていきたい。今回の2年間の任期中に貴重なご提言をまとめてられたことに深く感謝します。」と、今後の協働のまちづくりに対する思いと委員の皆さんへのお礼の言葉を述べました。

提言書と会議資料は下記のとおりです。

関連書類

※ダウンロードします。 (関連書類をご覧になるには)

ご案内

ご案内
問い合わせ先 南砺で暮らしません課 協働のまちづくり係
電話番号 0763-23-2037
FAX番号 0763-82-0170

カテゴリ

くらしの情報

学ぶ・交流
協働まちづくり

市政情報

広報・広聴
広報
  • 最終更新日:2017年1月14日(土曜日) 20時30分
  • ID:2-3-12145-17302
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 田中市長へ提出 「協働のまちづくり」の3つの提言

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト