現在の位置:トップ > お知らせ > 福寿会に勤務する子育て世代の職員や地域住民の育児と仕事の両立をサポート

福寿会に勤務する子育て世代の職員や地域住民の育児と仕事の両立をサポート

内閣府の企業主導型保育事業の助成を受けた「あすなろ保育園」が福寿園内に開園

情報発信元:南砺で暮らしません課

福寿会に勤務する子育て世代の職員や地域住民の育児と仕事の両立をサポートの画像
福寿園内に「あすなろ保育園」が開園

 4月1日(土)、福野地域の特別養護老人ホーム福寿園2階に平成28年度の内閣府企業主導型保育事業の助成を受けて整備された事業所内保育園として「あすなろ保育園」がオープン。社会福祉法人福寿会の理事長を務める田中市長や、高田勇教育長をはじめとする来賓や地域住民の皆さんが出席し、福寿会職員や地域住民の育児と仕事の両立をサポートする「KIDS FIRST〜何より子どもが最優先〜」を保育理念として掲げる事業所内保育園の開園を祝福しました。

福寿会に勤務する子育て世代の職員や地域住民の育児と仕事の両立をサポートの画像
福寿会理事長の田中市長が式辞

福寿会に勤務する子育て世代の職員や地域住民の育児と仕事の両立をサポートの画像
明るく開放的な施設内

福寿会に勤務する子育て世代の職員や地域住民の育児と仕事の両立をサポートの画像
楽しそうな遊具に興味津々

福寿会に勤務する子育て世代の職員や地域住民の育児と仕事の両立をサポートの画像
一緒に仲良く遊びましょう

 県内で初めて内閣府の平成28年度企業主導型保育事業の助成を受けて整備された「あすなろ保育園」。昨年11月末に新設工事に着工し保育室・乳児室・職員室を各1室ずつとキッチン・トイレを併設する床面積119.93uの事業所内保育園として先月3月10日に工事が完成。月〜金曜日の開園で、基本時間は午前7時〜午後7時、延長保育は午前6時30分〜午後7時30分に対応し、生後57日目〜5歳児までを対象とし、開園当初の利用定員は12名とし、最大で19名まで受け入れ可能です。福寿会勤務職員を対象とする従業員枠のみならず地域の保育を必要とする子どもを受け入れる地域枠も用意されています。

 福寿会理事長をつとめる田中市長による式辞で始まった式典に続いて、初入園児3名とその保護者、谷口香奈子園長、そして田中市長による園看板の除幕が執り行われ、和やかな雰囲気の中、待望の事業所内保育園「あすなろ保育園」が華々しく開園しました。
 式典後ゆっくりと施設内を見学した参列者や園児たち、真新しく利用しやすさに配慮された明るい施設内の様子に雰囲気もしだいに打ち解け、楽しげな笑顔と笑い声があふれていました。

ご案内

ご案内
問い合わせ先 社会福祉法人福寿会本部事務局
電話番号 0763-23-2910

カテゴリ

くらしの情報

ライフステージ
出産・育児

市政情報

広報・広聴
広報
  • 最終更新日:2017年4月1日(土曜日) 14時00分
  • ID:2-3-12145-17721
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 福寿会に勤務する子育て世代の職員や地域住民の育児と仕事の両立をサポート

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト