現在の位置:トップ > お知らせ > 7名の参加者が柿の収穫や皮むき作業を体験

7名の参加者が柿の収穫や皮むき作業を体験

南砺市干柿キャンプ開催

情報発信元:南砺で暮らしません課

7名の参加者が柿の収穫や皮むき作業を体験の画像
園地での収穫作業の説明

 園芸産地での高齢化や後継者不足を解消するため、富山県内での就農希望者を対象とした県主催による1泊2日の農業体験ツアー「とやまで就農チャレンジキャンプ」第1弾が南砺市内で「干柿」をテーマに開催され、県内外から7名が参加し、収穫や皮むきなどの農業体験や先輩就農者との懇談などを行い、就農や移住支援制度などの説明を受けました。

7名の参加者が柿の収穫や皮むき作業を体験の画像
もぎ方を伝授

7名の参加者が柿の収穫や皮むき作業を体験の画像
全員が高所作業車での収穫に挑戦しました

7名の参加者が柿の収穫や皮むき作業を体験の画像
皮むき作業を体験

7名の参加者が柿の収穫や皮むき作業を体験の画像
糸かけ作業

7名の参加者が柿の収穫や皮むき作業を体験の画像
乾燥中の干柿

 2日目となる11日(日)には、はじめに立野原西地内の約60アール、200本の柿の木が植えられた園地で収穫作業を体験。富山干柿出荷組合連合会の藤井敏一副会長から柿のもぎ方や柿の見分け方などを教えてもらい、全員が順番に高所作業車を使って、高いところの柿の収穫を体験しました。次に訪れた加工場では、皮むきから糸かけ、硫黄薫蒸、乾燥などの干柿作りの工程の説明を受け、機械を使った皮むき作業と糸かけ作業を体験しました。参加者の皆さんは説明者の話に熱心に耳を傾け、写真を撮ったり、メモしたりしていました。
 
 最後に行われた閉講式で参加者の皆さんからは、「知らないことばかりで勉強になった」、「いろいろな方とお話が出来てよかった」、「ますます就農への思いが強くなった」といった感想が述べられ、県や市の担当者が就農を希望される方への全面的なバックアップ体制をPRしていまいした。

ご案内

ご案内
問い合わせ先 富山県農業経営課経営支援係
電話番号 076-444-3266

カテゴリ

事業者向け情報

支援
産業振興
産業別情報
農林水産業
  • 最終更新日:2018年11月11日(日曜日) 14時00分
  • ID:2-3-12145-20395
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 7名の参加者が柿の収穫や皮むき作業を体験

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト