現在の位置:トップ > お知らせ > 南砺市での子育てについて考えるワークショップを開催

南砺市での子育てについて考えるワークショップを開催

なんと未来ミーティング(子育て編)

情報発信元:南砺で暮らしません課

南砺市での子育てについて考えるワークショップを開催の画像
なんと未来ミーティング(子育て編)

 3月21日(木)、南砺市での子育てについて考える「なんと未来ミーティング〈子育て編〉が井波地域の地域包括ケアセンターで開催されました。約20名の参加者が、南砺市の子育て環境について意見を出し合い、田中市長に提言を行いました。

南砺市での子育てについて考えるワークショップを開催の画像
子育てに関する活動の事例発表

南砺市での子育てについて考えるワークショップを開催の画像
グループワーク

南砺市での子育てについて考えるワークショップを開催の画像
Aグループ発表

南砺市での子育てについて考えるワークショップを開催の画像
Bグループ発表

南砺市での子育てについて考えるワークショップを開催の画像
Cグループ発表

 まず始めに田中市長が「現在、南砺市が進めている様々な行財政改革も子ども達の世代のために進めているものです。次の世代、たとえば10年後どうあるべきか、から逆算して、今どうするべきかを考える、バックキャストの考え方などを用いて、南砺の子育てについて考えてましょう」とあいさつ。続いて「市子育て支援センター」「福野南部なかよし広場」「五箇山子ども広場」「ファニーズキッチン」による事例発表が行われ、その後、参加者は3つのグループに分かれて「子育ての身近な困りごと」などのテーマに沿った意見を付箋に書き出しながら問題点を共有し、グループ化して、その解決法について考えました。

 最後にグル―プ毎の発表が行われ、「子育てに関する行事の情報や施設の空き状況などがネットやスマホで簡単に見られるとよい」「子どもが減り、スポーツ少年団で選択肢が少ないので、地域の枠を超えて参加できると選択肢が増える」といった提言がありました。

 提言を受け田中市長は「短い時間ではありましたが、貴重な提言をいただきました。これからこの輪を拡げていくことが我々の仕事です。来年度策定する次期の総合計画にも反映させて行きたいと思います。また子育て情報については南砺市では親子支援ポータル『なんとすこやかタウン』を運営しています。使ってみていただいて感想や足りない情報を教えてください。また市民のなかで情報発信するグループが出来るのも面白いと思います」と感想を述べました。
 

ご案内

ご案内
問い合わせ先 南砺で暮らしません課
電話番号 0763-23-2037

カテゴリ

くらしの情報

ライフステージ
入園・入学
  • 最終更新日:2019年3月22日(金曜日) 00時00分
  • ID:2-3-12145-20934
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 南砺市での子育てについて考えるワークショップを開催

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト