現在の位置:トップ > お知らせ > 新たな地域おこし協力隊員2名に辞令交付

新たな地域おこし協力隊員2名に辞令交付

井波まちなか担当と小規模多機能自治担当の隊員が着任

情報発信元:情報政策課

新たな地域おこし協力隊員2名に辞令交付の画像
新たな地域おこし協力隊員2名が着任

 6月3日(月)、福野庁舎で南砺市地域おこし協力隊の辞令交付式が行われ、新たに隊員として着任する松倉奈弓さん(前住所 愛知県蒲郡市、井波まちなか担当)と瓜生大貴さん(前住所 兵庫県尼崎市、小規模多機能自治担当)の2名に田中市長から辞令が交付されました。

新たな地域おこし協力隊員2名に辞令交付の画像
田中市長より辞令が交付されました。

新たな地域おこし協力隊員2名に辞令交付の画像
田中市長のあいさつ

 都市地域から過疎化の進む地方に住所を移し、定住しながら地域の活性化を図ることを目的とした総務省の「地域おこし協力隊」事業。最長で3年間、若い感性や移住者の感覚をあわせもつ隊員が地域の活性化に貢献してくれます。
 辞令交付にあたり田中市長は「焦らずに、既に着任している他の隊員と連携してがんばってください」と激励。

 隊員それぞれが自己紹介とともに志望動機や南砺でやってみたいことを発表。アメリカ留学経験のある松倉隊員は海外への情報発信やいろんな人を繋ぐ「場づくり」に興味があると話し、瓜生隊員は南砺市の隊員募集に興味を持ち、初めて南砺を訪れた際に触れた人々の優しさに触れ、応募することを決めたことを披露しました。
 
 まちなか担当隊員は、移住定住および空き家対策・活用、まちなかの活性化、伝統文化継承サポートなどの共通業務を基本としながら、各地域において自身の技能に基づく活動を行います。また小規模多機能自治担当隊員は井波コミュニティプラザアスモ2階の「なんと未来支援センター」に席を置きながら、小規模多機能自治を推進するための支援や研修会の企画・運営などに携わります。

ご案内

ご案内
問い合わせ先 南砺で暮らしません課
電話番号 0763-23-2037

カテゴリ

くらしの情報

ライフステージ
引越・住まい・定住
学ぶ・交流
協働まちづくり
  • 最終更新日:2019年6月4日(火曜日) 00時00分
  • ID:2-2-20963-21156
  • 印刷用ページ

情報発信元

情報政策課

電話番号
0763-23-2002

お問い合わせ

ファックス番号
0763-22-1169

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 新たな地域おこし協力隊員2名に辞令交付

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト