現在の位置:トップ > お知らせ > 「パロ」が市長室に登場

「パロ」が市長室に登場

癒しロボット「パロ」が来庁者をお出迎え

情報発信元:南砺で暮らしません課

「パロ」が市長室に登場の画像
市長とパロのツーショット

 平成21年4月9日(木曜日)、工学博士柴田崇徳さん(城端地域出身)が中心となって研究・開発したアザラシ型癒しロボット「パロ」が、市長室に無償貸与されました。

「パロ」が市長室に登場の画像
記者団に囲まれるパロ

 デンマークの介護施設に約1000体を導入される予定になるなど、世界的にも人気急上昇の「パロ」。今回、(株)知能システムが、福野庁舎を訪れる方を癒して欲しいと貸与してくれました。パロは、この日集まった記者団に声をかけられると、可愛い鳴き声をあげて首を動かすなど愛嬌を振りまき、早くも取材慣れした様子でした。パロから笑顔をもらった田中市長は、「来庁者には日頃の疲れを癒してもらながら、南砺市の最新技術に触れていただきたいと思います」と述べました。これから、市長の出張時などにも同行し、南砺市をPRします。

カテゴリ

事業者向け情報

支援
産業振興

市政情報

広報・広聴
広報
市の概要
市政
  • 最終更新日:2009年4月13日(月曜日) 12時05分
  • ID:2-3-12145-5432
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 「パロ」が市長室に登場

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト