南砺市(なんとし)

新型コロナウイルス簡易検査キットのごみの出し方について

新型コロナウイルス簡易検査キットのごみ出し

新型コロナウイルスの感染流行に伴い、自宅でPCR検査、抗原検査および抗体検査ができる検査キットが市販されています。使用済みのキット(プラスチックが主材料で針のないもの)は可燃ごみとして市で収集が可能ですので、ごみ出しの際には以下のようにお願いします。

※針のあるキットはごみステーションには出せません。購入したお店等へ返却をお願いします。

1.使用後はビニール袋に入れ、ごみに直接触れることがないようしっかりとしばり、4日間保管して下さい。(ウイルスは、付着した物の種類によって、24時間から72時間くらい生存すると言われています。)

※万一、ビニール袋の外に触れた場合は、二重に入れて下さい。

2.ごみをビニール袋に入れた後は石鹸を使って、流水で手をよく洗って下さい。

3.4日経過したら、南砺市指定のごみ袋に入れて、可燃ごみとして指定の収集曜日にごみ出しをして下さい。

関連書類

  • 新型コロナウイルス簡易検査キットのごみの出し方について(PDF形式:254KB)

カテゴリ

  • くらしの情報
保健・福祉
新型コロナウイルス
生活環境
ごみ・リサイクル

情報発信元

生活環境課

住所
〒939-1692
富山県南砺市荒木1550番地
電話番号
0763-23-2035
ファックス番号
0763-52-6385