南砺市観光ガイド トップ / みどころ > 立野原観光農園開園式 いちご狩りプレオープンで園児21名が舌鼓

南砺市のみどころ


立野原観光農園開園式 いちご狩りプレオープンで園児21名が舌鼓

情報発信元:南砺で暮らしません課 0763-23-2037 
最終更新日時 2014年5月16日 13時00分 ID 2-3-12145-12351 

お待ちかねの「いちご狩り」本格営業は5月20日(火)から


あまくておいしいイチゴにニッコリ別ウィンドウで開きます

インタビューにシッカリ答える園児たち別ウィンドウで開きます

スズなりのイチゴ別ウィンドウで開きます

 5月16日(金)、福光地域の立野原観光農園で開園式が行われ、福光南部あおぞら保育園年長組の園児21名が「いちご狩り」を体験し、真っ赤に熟したあま〜いイチゴをほお張っていました。

 南砺の初夏の風物詩として毎年多くの方がイチゴ狩りに来場する立野原観光農園。中道園長によると「今年はなかなか気温があがらず、若干色づきが遅く、まだ青いイチゴが多いですが、出来は良く、実はいっぱいついているので、是非大勢の方に味わってもらいたい。」との事。イチゴ畑のワラの敷かれた畝の上には赤く色づくのを待ち構えたイチゴたちが「すずなり」に実っています。
 イチゴ狩りに挑戦した園児のみなさんは、イチゴ探しに無我夢中で、畑の中を所狭しと縦横無尽に動き回り、引率の先生は大忙し。「ここにいっぱいあるよ!」、「赤いのあったよ!」、「あま〜い♪」などイチゴ畑は大盛況。爽やかな初夏の味を目いっぱい満喫しました。
 観光農園で作付けしているいちごの品種は、鮮赤色で柔らかく強い甘味の果肉が特徴の「宝交早生(ほうこうわせ)」をはじめ数種類。来園の際は、水筒に氷水を詰めて持参されると、いちごを洗いながら食べる事ができるので、より一層おいしく召し上がれます。お好みで練乳などもお忘れなく

◇開園期間
 5月20日(火)〜6月15日(日)まで
 ※終了日は変更する場合があります
◇開催場所
 南砺市土生新 立野原観光農園
◇開園時間
 午前9時から午後4時まで
◇入園料
 大 人 1,200円
 小学生 1,100円
 園 児 1,000円
 ※平日は100円引き
 (10名以上の団体は事前に予約をお願いします)


問い合わせ先


名前 立野原観光農園(担当:中道園長)
電話番号 090-9442-3994

[くらしの分類]

味と技農林水産業広報

情報発信元


南砺で暮らしません課

電話番号 0763-23-2037
ファックス番号 0763-82-0170

▲ページの先頭へ戻る