南砺市観光ガイド トップ / みどころ > IOX-AROSAで第24回雪恋まつり2014開催

南砺市のみどころ


IOX-AROSAで第24回雪恋まつり2014開催

情報発信元:南砺で暮らしません課 0763-23-2037 
最終更新日時 2014年11月23日 12時00分 ID 2-3-12145-13386 

シーズン中の豊富な雪と来場者の安全を祈願


雪恋まつり伝統の雪曳きに賑わう会場内別ウィンドウで開きます

園児19名が雪曳きに挑戦別ウィンドウで開きます

才川七獅子舞保存会による獅子舞奉納別ウィンドウで開きます

 11月23日(日・祝)、今シーズンの降雪とIOX-AROSAスキー場を訪れるお客さんの安全を祈願する「第24回雪恋まつり2014」が開催されました。

 医王神社では雪恋祈願祭が執り行われ、和歌の奉納に続き、田中市長代理の奥野福光行政センター長、森田清樹医王アローザ(株)代表取締役社長など関係者が玉串を奉納。さらに才川七獅子舞保存会のメンバーによる獅子舞が奉納され、今冬の降雪と安全を祈願しました。また、伝統行事の「雪曳き」には、西山木遣り保存会のメンバー32名と福光南部あおぞら保育園の園児19名が参加。木遣り音頭のリズムに合わせ、長さ約15m、重さ3トンの杉の大木が動き出すと、雨の中にも関わらず会場に詰めかけた見物客や園児の保護者から歓声が沸き起こりました。
 会場内の特設ステージでは、雪恋祈願祭にも参加した、才川七獅子舞保存会による獅子舞を皮切りに、福光南部あおぞら保育園の園児20名「雪ん子発表会」、民謡、大道芸パフォーマンス、キッズダンスなど多彩なパフォーマンスが披露され、来場者を楽しませました。また、会場内は、熊なべ、らーめん、うどん、そばなどの温かい飲食メニューのほか、岩魚、どじょうの蒲焼、焼き芋、おこわ、新鮮野菜の直売に、中古スキー用品販売やフリーマーケットなど多数の出店で賑わっています。
 午後2時からはゲレンデ側でもちまきが行われるほか、大道芸やヨサコイが披露されます。ゲレンデを白く染める雪のシーズンを心待ちにする雪恋まつり。午後からは天気も良くなりそうですので、是非足をお運びください。


問い合わせ先


名前 雪恋まつり実行委員会(IOX-AROSA)
電話番号 0763-55-1326

関連リンク


情報発信元


南砺で暮らしません課

電話番号 0763-23-2037
ファックス番号 0763-82-0170

▲ページの先頭へ戻る