南砺市観光ガイド トップ / みどころ > 可憐で多彩なアサガオが福光新町に「涼」をお届け

南砺市のみどころ


可憐で多彩なアサガオが福光新町に「涼」をお届け

情報発信元:南砺で暮らしません課 0763-23-2037 
最終更新日時 2016年8月7日 11時00分 ID 2-3-12145-16564 

福光新町あさがお通りの「あさがおまつり」、新町神明宮の「あさがお奉納展」


可憐な浴衣姿の少女たちと多彩なアサガオたちが涼をお届け別ウィンドウで開きます

新町あさがお街道別ウィンドウで開きます

福光新町神明宮では「奉納あさがお展」開催中別ウィンドウで開きます

 8月7日(日)、2日目を迎えた福光新町恒例の「あさがおまつり」と「あさがお奉納展」。「新町あさがお街道」として昭和61年から続く「あさがおまつり」では、約300mの通りを可憐で多彩なアサガオが彩り来場者を魅了。

 神明宮で開催中の「第5回奉納あさがお展」では、南砺あさがお会(森田光正会長)の会員の皆さんが精魂込めて育てた大輪アサガオ約300点が展示され、直径20cmを超える見事なまでの大輪の花を咲かせたアサガオが来場者を魅了していました。また、会場内では、多彩な品種のアサガオの花鉢や大輪アサガオの種子の販売、栽培指導や小学生を対象とした押し花教室なども行われ、朝から大勢の来場者で賑わっていました。
 7日午前9時からは茶席「朝顔亭」が設けられ、楚々とした浴衣姿に身を包んだ少女たちが、可憐なアサガオとともに商店街に雅で涼しげな雰囲気を演出。風情ある佇まいに訪れた来場者や地元の皆さんがとっておきの「涼」を満喫されていました。

 「新町あさがおまつり」は本日までの開催ですが、「あさがお奉納展」は明日8日(月)まで開催されています。なるべく午前中に足をお運びになり、手塩にかけて育てられ、見ごろを迎えたアサガオの美しく可憐な姿をご鑑賞ください。また、「南砺あさがお会」は随時会員募集中とのことですので、興味のある方はこの機会にぜひ!


問い合わせ先


名前 南砺あさがお会(森田会長)
電話番号 0763-52-0186

情報発信元


南砺で暮らしません課

電話番号 0763-23-2037
ファックス番号 0763-82-0170

▲ページの先頭へ戻る