南砺市観光ガイド トップ / みどころ > 山岳古道「道宗道」を329名のランナーが駆け抜ける

南砺市のみどころ


山岳古道「道宗道」を329名のランナーが駆け抜ける

情報発信元:南砺で暮らしません課 0763-23-2037 
最終更新日時 2016年10月10日 16時00分 ID 2-3-12145-16865 

第3回世界遺産五箇山・道宗道トレイルラン大会開催


第3回世界遺産五箇山・道宗道トレイルラン大会開催別ウィンドウで開きます

世界遺産菅沼合掌造り集落をファンラン別ウィンドウで開きます

「道宗道」を爽やかに駆け抜ける別ウィンドウで開きます

 10月10日(月・祝)、室町時代に信仰心の篤い妙好人として知られた「赤尾の道宗」が毎月通い続けたという山岳古道「道宗道」。上平地域にある道宗ゆかりの行徳寺から井波別院瑞泉寺を結ぶ険しい山道を舞台に「第3回世界遺産五箇山・道宗道トレイルラン大会」が開催され、ロングコース(約35km)は177名、ミドルコース(約16km)には152名が出走。ここ数日の雨で滑りやすくなった起伏の激しい難コースに勇猛果敢に挑みました。

 前回・前々回とは異なり、スタート前に雨は降っていなかったものの、ここしばらく続いた雨によってコース上は、水たまりやぬかるみが多く残るウェットコンディション。ファンランからはほど遠いハードな状況にも関わらず、レースに臨む選手たちは気合十分の様子で、各コースともに予定されていた時刻どおりに田中市長(ロングコース)と川辺議長(ミドルコース)の号砲にあわせて、山岳古道「道宗道」でのトレイルランに向けて勢いよく飛び出していきました。

 濡れて滑りやすいというハードな条件の中、ロングコースで優勝の栄冠に輝いたのは、二年前に開催された第1回目の「TOGA天空トレイル」を制し、昨年の第2回道宗道トレイルラン大会でも3位と好走を見せてくれていた吉田岳生さん(福井県・42歳)。感想を伺うと「やっぱりキツイコースですね。中盤以降のアップダウンが激しくてスリッピーで大変でした。優勝はもちろん、昨年のタイムを上回ることが出来たのが嬉しいです」とレース直後にも関わらずハキハキと答えてくれました。

 また、ミドルコースを制したのはゲストランナーの松本大氏に肉薄する走りを見せながら爽やかな笑顔でゴールした細川桂吾さん(富山市・29歳)。「残り5km地点くらいまでは(松本さんに)ついていけてたんですけど、やっぱり凄いですね。楽しかったです!」とレースを振り返りました。

 上平地域の行徳寺を出発し、山岳古道「道宗道」を通り、国内でも屈指の規模を誇る真宗伽藍である井波別院瑞泉寺でゴールを迎える風情あふれるコースが自慢の世界遺産五箇山・道宗道トレイルラン大会。参加ランナーはもちろん、沿道で声援を送り続けた市民の皆さんも楽しいレースを満喫されました。

【主な大会成績】
〇ロングコース(男子)
 1位:吉田岳生さん(福井県) 4時間05分52秒
 2位:松原 賢さん(南砺市) 4時間06分25秒
 3位:島田正叡さん(南砺市) 4時間07分14秒

〇ロングコース(女子)
 1位:阿部智恵子さん(福井県) 5時間14分56秒
 2位:道下 恵さん(石川県) 5時間35分05秒
 3位:熊谷純代さん(岐阜県) 6時間30分35秒

〇ミドルコース(男子)
 1位:細川桂吾さん(富山市) 1時間36分06秒
 2位:池野一成さん(高岡市) 1時間39分47秒
 3位:佐伯涼平さん(富山市) 1時間42分51秒

〇ミドルコース(女子)
 1位:黒田藍子さん(東京都) 2時間18分42秒
 2位:西井 彩さん(愛知県) 2時間26秒06秒
 3位:宮島優美子さん(富山市) 2時間34分17秒


問い合わせ先


名前 五箇山・道宗道トレイルランレース事務局
電話番号 0475-47-3017
メールアドレス info@fields-co.jp

関連リンク


[くらしの分類]

スポーツ歴史・名所自然・景観広報

情報発信元


南砺で暮らしません課

電話番号 0763-23-2037
ファックス番号 0763-82-0170

▲ページの先頭へ戻る