南砺市観光ガイド トップ / みどころ > アニメとリアルを結ぶ未来志向の姉妹都市提携で目指す新たなまちづくり

南砺市のみどころ


アニメとリアルを結ぶ未来志向の姉妹都市提携で目指す新たなまちづくり

情報発信元:南砺で暮らしません課 0763-23-2037 
最終更新日時 2017年10月10日 00時00分 ID 2-3-12145-18698 

桜クリエで「南砺市×サクラクエスト間野山市」姉妹都市提携調印式開催


「南砺市×サクラクエスト間野山市」姉妹都市提携別ウィンドウで開きます

協定書締結で固い握手別ウィンドウで開きます

新たな取り組み「桜ヶ池クエスト」発表別ウィンドウで開きます

 10月9日(月・祝)、市クリエイタープラザ「桜クリエ」で、南砺に本社のあるピーエーワークス制作のテレビアニメ「サクラクエスト」の舞台で、南砺市をロケーションモデルにした架空都市「間野山市」との姉妹都市提携調印式とシンポジウム「サクラクエストから考える観光・地域振興」が開催されました。

 会場は、事前申込の上、抽選で選ばれた市内外から参加者ら約150名のほか、抽選から漏れた50名を超えるファンも訪れてエントランスホールでモニター観覧するほどの盛況ぶり。
 午後2時から行われた調印式では、田中市長のあいさつに続いて、間野山市を代表してサクラクエスト主人公の木春由乃さんがスクリーンであいさつ。東宝株式会社プロデューサーの齋藤雅哉氏と木春由乃役声優の七瀬彩夏さんが登壇し、作品や南砺市への思いを語ったのち、田中市長と齋藤プロデューサーが調印書へ署名し固い握手を交わし姉妹都市提携を確認。提携を祝って間野山市からは「龍の唄」、南砺市からは「こきりこ」と、両市伝統芸能を披露。さらに株式会社ピーエーワークス専務取締役で(一社)地域発新力研究支援センターPARUS代表理事の菊池宣広氏が、桜ヶ池周辺の桜を蘇らせる新たな取り組み「桜ヶ池クエスト」構想を発表。田中市長からは大きな期待の声が寄せられ、来場者からも新たな試みを歓迎する拍手喝采が起きていました。
 調印式に続いてシンポジウム「サクラクエストから考える観光・地域振興」が開催され、北海道大学観光学高等研究センターの山村高淑教授による基調講演と、田中市長、齋藤プロデューサー、菊池代表理事に相馬紹二P.A.WORKSプロデューサーを加えたパネルディスカッションが行われました。
サクラクエストが提起した観光・地域振興における様々な課題と論点を整理した山村教授の基調講演では「二つの断絶とツーリズム」、「他者の受け入れと地域」、「人生と旅」という視点から作品を分析、単なる交流人口増ではなく「第二の故郷」として定期的に戻ってこられる場所としての観光やまちづくりを考えることの大切さを説き、「サクラクエストから考える観光・地域振興」をテーマに誰もがフラットでゆるやかに情報・経験を共有できる研究・実践のネットワークとしての「間野山研究学会」設立を提案。
 また、パネルディスカッションでは、「生き方の多様性」、「シビックプライドを取り戻す」、「文化の再構築」、「よそ者、馬鹿者、若者であり続ける」、「多様な価値観」、「田舎は本当に不便なのか」、「ないモノねだりをやめ、あるモノさがし」、「視聴者の背中を押す、つながるコンテンツ」など、サクラクエストを通して考え、つながるキーワードをもとに、アニメとリアルの姉妹都市連携の可能性を探り、全国的に広がる聖地巡礼のようなムーブメントを飛び越えた新しい取り組みを進めていきたいという思いが語られました。


問い合わせ先


名前 交流観光まちづくり課
電話番号 0763-23-2019

関連リンク


情報発信元


南砺で暮らしません課

電話番号 0763-23-2037
ファックス番号 0763-82-0170

▲ページの先頭へ戻る