南砺市観光ガイド トップ / みどころ > 桜ヶ池を「桜の王国」へ!リアルとアニメを融合させた取り組み

南砺市のみどころ


桜ヶ池を「桜の王国」へ!リアルとアニメを融合させた取り組み

情報発信元:南砺で暮らしません課 0763-23-2037 
最終更新日時 2018年5月21日 00時00分 ID 2-3-12145-19666 

桜ヶ池クエスト ‐キックオフイベント‐


メインキャストの声優さん5名が植樹別ウィンドウで開きます

田中市長、山瀬代表、増井監督、齋藤プロデューサー、堀川プロデューサーによる植樹別ウィンドウで開きます

植樹後、全員で記念撮影別ウィンドウで開きます

 5月20日(日)、市内で活動する(株)ピーエーワークスが制作したアニメ「サクラクエスト」を契機とした、桜ヶ池周辺の桜の再生を促進させる「桜ヶ池クエスト」プロジェクトのキックオフイベントが同所で開催され、関係者が桜を記念植樹し、南砺市クリエイタープラザ桜クリエではメインキャストによる朗読劇、監督・プロデューサーによるトークショーなどが行われました。

 桜ヶ池はかつて地域の住民により桜が植樹され、春になると多くの花見客が訪れる桜の名所として知られています。しかし30年以上経過した木が多く、立ち枯れ等が目立ち、地域の皆さんが中心となって桜の保全・植樹活動を行っておられます。また「サクラクエスト」の最終話では、主人公達5人が桜を植え、桜ヶ池がモデルの「桜池」を桜の王国にすることを目指すシーンがあります。「サクラクエスト」は南砺市をロケーションモデルとした「間野山市」が物語の舞台で、昨年10月に両市は姉妹都市提携を結んでおり、今回その提携の一環として、リアルとアニメを融合させた取り組みであり、桜ヶ池の桜保全・植樹活動を支援する「桜ヶ池クエスト」プロジェクトを始めることとなりました。

 記念植樹は、全国から集まった大勢のアニメファンが見守るなか、田中市長や実際の活動の主体となる「(株)つなぐ南砺」の山瀬悦朗代表取締役、「サクラクエスト」のメインキャストである七瀬彩夏さんら5名、増井壮一監督、齋藤雅哉プロデューサー、堀川憲司プロデューサーによっておこなわれ、コシノヒガンザクラが植えられました。植樹に先立ち田中市長は「このプロジェクトにより桜が1本1本増えていくところを見に、また南砺へ来てください」とあいさつ。植樹後に主人公の木春由乃役を演じた七瀬彩夏さんは「みんなそろって何十年後にまた見に来たいです。桜もサクラクエストも共に成長してもっと皆さんに知ってほしいです
とおっしゃっていました。
 
 キックオフイベントの開催に合わせて桜ヶ池エリアの桜再生や賑わい創出につながる活動の資金として「桜ヶ池勇者」募金の受付をスタートし、協力者には記念のポストカードやポスターがプレゼントされていました。今後もホームページ等で募金を呼びかける予定ですので世界中の勇者によるご協力をお待ちしております。


問い合わせ先


名前 交流観光まちづくり課
電話番号 0763-23-2019

[くらしの分類]

自然・景観

情報発信元


南砺で暮らしません課

電話番号 0763-23-2037
ファックス番号 0763-82-0170

▲ページの先頭へ戻る