南砺市観光ガイド トップ / みどころ > 文化・世界遺産課で合掌造り家屋の模型を展示中です

南砺市のみどころ


文化・世界遺産課で合掌造り家屋の模型を展示中です

情報発信元:文化・世界遺産課 0763-23-2014 
最終更新日時 2018年12月26日 00時00分 ID 2-4-19-20574 

精巧な合掌造り家屋模型をご覧ください


精巧に作り込まれた合掌模型「小林家住宅」別ウィンドウで開きます

茅葺きの断面、下地の木組みも確認できます別ウィンドウで開きます

忠実に再現された間取り別ウィンドウで開きます

 模型の作者である小林亀清さんは長年、合掌造り家屋の屋根葺き職人として活躍され、伝統的な葺替え技法と合掌造り家屋の構造を知り尽す「茅葺き名人」です。既に職人としての現役は退いておられますが、現在は合掌造り家屋のミニチュア模型の製作活動により、合掌造り家屋や世界遺産の保存継承に貢献されています。今まで手がけられた合掌模型は十数個に及び、それぞれその製作依頼者に手渡され、遠くは東京や神奈川、さらには海を越えた台湾でもその姿を見ることができるそうです。

 当課で展示中の模型は、世界遺産の菅沼合掌造り集落の上流に位置する楮集落にあった、ご自身の生家のかつての姿を約1/35スケールで精巧に再現したものです。小林さんの父親の代(明治末期〜大正初期頃)に、隣の成出集落から移築されてきたもので、当時の合掌造り家屋の形態を伝える貴重な資料となっています。
 無期限で当課カウンターに展示しておりますので、城端庁舎にお越しの際は、是非ご覧になってください。


[くらしの分類]

文化・芸術見る・遊ぶ歴史・名所

情報発信元


文化・世界遺産課

電話番号 0763-23-2014
ファックス番号 0763-62-2112

▲ページの先頭へ戻る