南砺市観光ガイド トップ / みどころ > 約300種1500点の可憐な椿がお出迎え

南砺市のみどころ


約300種1500点の可憐な椿がお出迎え

情報発信元:南砺で暮らしません課 0763-23-2037 
最終更新日時 2019年3月23日 12時00分 ID 2-3-12145-20938 
会場   [井口地域]

第29回南砺いのくち椿まつり開幕


第29回南砺いのくち椿まつり別ウィンドウで開きます

テープカットで華々しく開幕別ウィンドウで開きます

生け花展示別ウィンドウで開きます

 3月23日(土)、井口カイニョと椿の森公園 いのくち椿館、井口中学校・井口小学校体育館を会場として第29回南砺いのくち椿まつりが開幕し、春の訪れを告げる色鮮やかな花椿、約300種1500点が皆さんのお越しをお待ちしております。

 午前9時から開会式が行われ、小林加津實実行委員長が「昨年来、地域住民を挙げて準備を進めて来ました。会場には愛好家が育てた鉢植えや地元住民による切り花を多数展示しています。椿館に隣接する原種椿園では中国やベトナムなどのツバキ属原種を100種類以上栽培しています。原種ツバキの解説など各種講座などを通じて椿のファンになっていただければと思います」とあいさつ。田中市長、向川市議会議長、橘慶一郎復興副大臣、武田慎一県議が祝辞を述べ、テープカットで椿まつりの開会を華々しく飾りました。

 会場内には、多種多彩で色鮮やかな椿の鉢植えや切り花を多数展示。開場を待ちわびた多くの来場者が、芳しい香り漂う会場で可憐な椿の姿を存分に楽しんでいました。

 鉢植えや切り花のほかにも多彩ないけばな展示や、貴重な原種椿が鑑賞出来る原種椿園、保育園や小中学生らによる椿アート作品も多数展示。毎年大勢の愛好家に人気の苗木販売や原種つばきの解説、栽培講習会、アートフラワ教室や苔玉・ペットボトル挿し木体験などのブースも大賑わい。岩魚の塩焼きやうどん・そばなど多彩なメニューが目白押しの「椿まつり食堂」や「なんと特産市」、さらには老若男女問わず楽しめるスタンプラリーや丹波黒豆入りふるまい餅つきなど楽しい催しがてんこ盛りです。

 椿まつりの開催は、明日24日(日)まで。ぜひ、この機会に香り高く多種多彩な椿の花々と会場内の賑やかで楽しい雰囲気をご堪能ください。


問い合わせ先


名前 南砺で暮らしません課
電話番号 0763-23-2037

情報発信元


南砺で暮らしません課

電話番号 0763-23-2037
ファックス番号 0763-82-0170

▲ページの先頭へ戻る