南砺市観光ガイド トップ / みどころ > 大木曳いて降雪祈願!

南砺市のみどころ


大木曳いて降雪祈願!

情報発信元:南砺で暮らしません課 0763-23-2037 
最終更新日時 2011年11月23日 23時33分 ID 2-3-12145-8550 
会場   [福光地域]

「第21回雪恋まつり2011」が開催!


降雪を祈願し「雪曳き」行事!別ウィンドウで開きます

雪恋祈願で玉串を捧げる中山副市長別ウィンドウで開きます

B級グルメの覇者「なんなんまぶまぶ」は大人気!別ウィンドウで開きます

 11月23日(水曜日・勤労感謝の日)、今シーズンの降雪とスキーヤーの安全を祈願する「第21回雪恋まつり2011」が、IOX−AROSAスキー場で開催されました。

 今シーズン初の試みとして、5月の「しゃくなげまつり」、7月の「アジサイまつり」、9月の「キバナコスモスまつり」と開催されてきた「花・華まつり」。今イベントは、雪の結晶を“華”と見立てたシリーズ第4弾で、多彩なイベントで来場者をもてなしました。
 医王神社で執り行われた雪恋祈願祭では、神主による祝詞奏上に続き、中山副市長、森田清樹医王アローザ椛纒\取締役社長など関係者11名が玉串を奉奠。続いて、才川七獅子舞保存会のみなさんが、“サッサ”、“キョウブリクズシ”の2演目が披露され、今冬の降雪と安全を祈願しました。長さ14m、重さ2、5トンもの杉を曳く伝統の「雪曳き」行事。ばんどり姿の中山副市長がまたがる大木を、西山木遣り保存会や地元保育園児の皆さんが曳き始めると、沿道に詰めかけた見物客から大歓声が沸き起こりました。
 特設ステージでは、園児による「雪ん子発表会」を皮切りに、ヨサコイ、餅つき、大道芸など多彩なプログラムが繰り広げられました。また、「なんと!B級グルメ選手権」で優勝した「なんなんまぶまぶ(南砺ひつまぶし)が、200食限定で登場。プログラムにも載っていないサプライズ演出に、来場者は長蛇の列で応えていました。
 IOX−AROSAスキー場は、12月22日(木曜日)にオープン予定です。当日は、一面の銀世界に多くのスキー客で賑わいを見せてほしいものですね!


問い合わせ先


名前 花・華まつり実行委員会(IOX-AROSA内)
電話番号 0763-55-1326

関連リンク


情報発信元


南砺で暮らしません課 広報係

電話番号 0763-23-2037
ファックス番号 0763-82-0170

▲ページの先頭へ戻る