南砺市観光ガイド トップ / みどころ > お馬が乗り込み福来たる! -利賀の初午-

南砺市のみどころ


お馬が乗り込み福来たる! -利賀の初午-

情報発信元:南砺で暮らしません課 0763-23-2037 
最終更新日時 2012年1月9日 14時11分 ID 2-3-12145-8674 
会場   [利賀地域]

神の使いに扮した子どもたちによる神事「初午」が開催


太鼓のリズムに合わせ「馬の舞」別ウィンドウで開きます

見せ場の「俵転がし」別ウィンドウで開きます

はいっ ご苦労さま!別ウィンドウで開きます

 1月9日(月曜日・成人の日)、利賀地域上村(うえむら)地区で、五穀豊穣や家内安全を願う「初午」が行われました。

 約200年の歴史を誇る「初午」は、全国でも珍しい子ども達のみで行われる神事で、国選択無形民俗文化財・県の無形民俗文化財に指定されています。初日は、地元小学生5名が、神主、午方(うまかた)、俵(ひょう)ころがしに扮して、集落24戸を訪ねまわりました。
 家に入ると、神主役の子が大黒柱の前で祝詞を奏上。続いて、太鼓のリズムに合わせ「乗り込んだ、乗り込んだ、お馬が乗り込んだ…」と、初午の歌とともに「馬の舞」が披露されました。見せ場の俵転がしでは、「ひとつ積んでは一千貫の俵〜」と、重そうな仕草で俵を3度転がし引き寄せます。最後は、俵を担ぎ上げ「福はそちら!俵はこちら!」と書初を投げ、家々に福を置いていきました。なお、10日(火曜日)は、利賀行政センターなど事業所8か所を訪ねまわる予定です。 
 以前は、男の子だけで行ってきた初午も、少子化により15年ほど前から女の子も参加しています。この素朴で味わい深い伝統行事、来年以降もぜひ続いてほしいですね。

○神 主   …光田彩乃さん(利賀小2年)
○午(前)   …経田彩果さん(利賀小5年)
○午(後)   …経田唯果さん(利賀小3年)
○俵ころがし…野原圭祐くん(利賀小5年)
○太 鼓   …笠原美弥さん(利賀小5年)


問い合わせ先


名前 利賀行政センター
電話番号 0763-68-2111

情報発信元


南砺で暮らしません課 広報係

電話番号 0763-23-2037
ファックス番号 0763-82-0170

▲ページの先頭へ戻る