南砺市(なんとし)

南砺市「なんとに住んでみられ」体験ハウス

豊な自然と文化に囲まれた南砺市で生活体験しませんか?

「南砺市」へ移住又は定住を希望される方々のために、南砺市では「なんと」の生活を経験していただくことを目的として、南砺市「なんとに住んでみられ」住宅をご用意いたしました。

・城端体験ハウス   南砺市城端(街中)
・太美山体験ハウス  南砺市嫁兼(里山)

南砺市「なんとに住んでみられ」体験ハウスの画像
城端体験ハウス

南砺市「なんとに住んでみられ」体験ハウスの画像
太美山体験ハウス

南砺市「なんとに住んでみられ」体験ハウスの画像
城端体験ハウス 居間

南砺市「なんとに住んでみられ」体験ハウスの画像
太美山体験ハウス ワクノウチ

「なんとに住んでみられ」住宅は、市内の空き家などに家電や家具を準備している住宅です。

「なんと」の自然や文化等に触れていただき、「なんと」を五感で感じていただきたいと思います。




1.利用資格 
以下の全ての要件を満たす方が、体験ハウスを利用できます。
(1)市への移住または定住を希望する方
(2)市外に居住している方
(3)南砺市暴力団排除条例(平成24年南砺市条例第1号)第2条第3項に規定する暴力団員等または同条例第6条に規定する暴力団もしくは暴力団員と密接な関係を有する者に該当しない方

2.受付方法・利用期間
南砺市役所南砺で暮らしません課へ住宅の空き状況をお問い合わせください。
2週間後以降2ヶ月先まで予約できます。
1泊(2日)から30泊(31日)まで利用できます。
ご利用の2週間前までに、南砺市役所南砺で暮らしません課へ借用申請書を郵送してください。書類を審査の後、住宅貸付承諾書を送付いたします。

3.経費について
1人1泊1,000円でご利用になれます。(小学生以下は無料)
住宅の借用料については、住宅使用料、光熱水費(電気、ガス及び水道金)、備え付けの家電製品、寝具類の使用料を含みます。
なお、寝具類(布団)は4人分を備えてありますが、4人を超える場合は、各自で用意してください。

4.住宅のご利用について
利用期間は、1泊以上30泊までとします。
利用される方には、終了時にアンケートをご記入いただきます。
ごみの出し方などは、地区のルールを守っていただく必要があります。
冬季間は、水道管の凍結防止に配慮していただきます。
住宅内は禁煙とし、ペット同伴のご利用をお断りいたします。

5.インターネットについて
住宅内にはCATVインターネットのケーブルモデムが設置されていますのでご利用ください。(パソコン持参)

6.その他
古い物件のため、季節により室内に虫が出てくることがありますのでご理解ください。

7.ご利用開始日の受付について
ご利用開始日は、午後2時から午後5時までに受付ください。
・城端体験ハウス  南砺で暮らしません課(南砺市山見1739-2 アスモ2階 TEL0763-23-2037)で受付
・太美山体験ハウス 南砺で暮らしません課(南砺市山見1739-2 アスモ2階 TEL0763-23-2037)で受付


関連リンク

  • 南砺市定住支援ホームページ  (http://www.kurashi.city.nanto.toyama.jp/)

関連書類

  • お申し込みからご利用までのながれ(PDF形式:46KB)
  • 住宅借用申請書(ワード)(Word形式:38KB)
  • 住宅借用申請書(PDF)(PDF形式:97KB)
  • 体験ハウス備品一覧(PDF形式:74KB)
  • 体験ハウス利用上の注意事項(PDF形式:69KB)
  • ご利用の前に(PDF形式:66KB)
  • 「なんとに住んでみられ」住宅実施要綱(PDF形式:146KB)

ご案内

ご案内
問い合わせ先 南砺市南砺で暮らしません課
電話番号 0763-23-2037
FAX番号 0763-82-0170

カテゴリ

  • くらしの情報
ライフステージ
出産・育児
入園・入学
就職・転職
結婚・扶養
退職・高齢
引越・住まい・定住
死亡・相続
ライフライン
水道・下水道
道路・交通
住宅・土地
TV・通信
ICT
地上デジタル放送
学ぶ・交流
学校・教育
生涯学習
スポーツ
文化・芸術
国際交流
ボランティア
男女共同参画
協働まちづくり
手続き・証明
住民票・印鑑届
戸籍
外国人住民
税金
手当・助成
自治会関係
その他
ふるさと寄附金
生活環境
ごみ・リサイクル
エコビレッジ・環境衛生
ペット・動物
自然・緑化
防災・防犯
交通安全
労働・消費生活

情報発信元

南砺で暮らしません課

住所
〒932-0231
富山県南砺市山見1739-2
電話番号
0763-23-2037
ファックス番号
0763-82-0170