現在の位置:トップ > お知らせ > 第65回中部日本スキー大会で富山県選手団が大活躍!

第65回中部日本スキー大会で富山県選手団が大活躍!

たいらスキー場でアルペン競技ジャイアントスラローム第1戦

情報発信元:南砺で暮らしません課

第65回中部日本スキー大会で富山県選手団が大活躍!の画像
ラップタイムを叩き出した水口選手

 1月26日(月)、たいらスキー場で常陸宮賜杯第65回中部日本スキー大会アルペン競技ジャイアントスラローム第1戦が行われ、中部7県から集まった精鋭233名がまさに矢のような速度でコースを滑降し、中部の頂点を競い合いました。

第65回中部日本スキー大会で富山県選手団が大活躍!の画像
成年女子Cで優勝し弾みをつけた金田選手

第65回中部日本スキー大会で富山県選手団が大活躍!の画像
ゴール付近の様子

第65回中部日本スキー大会で富山県選手団が大活躍!の画像
高らかに表彰状を掲げる水口選手

第65回中部日本スキー大会で富山県選手団が大活躍!の画像
少年女子では県選手団が表彰台を独占

 富山県選手団は、地元南砺市から出場した金田亜希世選手の成年女子Cでの1位獲得を皮切りに、成年女子Bで角朝美選手が2位、少年女子で、井林奏子、舘順子、高慶あやかの3選手が表彰台を独占する大活躍!さらに成年男子Cでは高瀬慎一選手が2位、成年男子Bでは地元平出身の水口雄太選手が本日のトップタイムで優勝。また、南砺出身の宮岸拓矢選手が成年男子Aで2位、同じく南砺出身の湯浅悠史郎、下崎恭士の両選手が少年男子で1・2フィニッシュを飾るなど、初日から大車輪の活躍を見せ、明日の第2戦に向け大いに士気が高まる富山県選手団。総合連覇に向けて好調なスタートをきってくれました。
 表彰式終了後、本日のラップタイムを叩き出した水口選手に感想を伺ったところ「地元での大会で優勝できて嬉しいです。これを良いきっかけにして国体でも頑張りたいと思います!」と笑顔で答えてくれました。

 たいらクロスカントリーコースで行われたクロスカントリー競技でもめざましい活躍を見せた富山県選手団。大会1日目を終えてアルペン・クロスカントリーともに2位以下の県と大差をつけてトップを独走中です。明日は最終日、否が応にも連覇への期待が高まります。引き続き皆さんの温かい声援をどうぞよろしくお願いいたします。

※各競技・種目別の競技記録については下記の関連リンクをご覧ください。

関連リンク

ご案内

ご案内
問い合わせ先 常陸宮賜杯第65回中部日本スキー大会実施本部
電話番号 0763-62-1477

カテゴリ

くらしの情報

学ぶ・交流
スポーツ

市政情報

広報・広聴
広報
  • 最終更新日:2015年1月26日(月曜日) 15時30分
  • ID:2-3-12145-13732
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 第65回中部日本スキー大会で富山県選手団が大活躍!

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト