現在の位置:トップ > お知らせ > ”春の女神”が飛び立った

”春の女神”が飛び立った

ギフチョウが自由の森に放されました

情報発信元:南砺で暮らしません課

”春の女神”が飛び立ったの画像
約40頭が放蝶されました

 平成21年4月10日(金曜日)、城端地域桜ヶ池の自由の森で、城端小学校の4年生が、”春の女神”とも称されるギフチョウを放つ「放蝶会」が開かれました。

”春の女神”が飛び立ったの画像
羽を広げた大きさは5センチほど(2頭います!)

”春の女神”が飛び立ったの画像
早く飛び立たないかな〜

 城端小学校の4年生は、「ギフチョウの里づくりの会」の指導を受けながら絶滅危惧種に指定されているギフチョウを、卵からサナギまで育てていました。今回の「放蝶会」では、遂に成虫になったギフチョウを、卵を採取した森に放しました。
 児童二人に1頭ずつギフチョウが渡され、城端ナチュラリスト研究会の方と一緒に、プラスチックの容器から飛び立つのを見守っていました。体が冷えているためなかなか飛び立とうとしなかったチョウも、太陽にあたって体が温まると、飛び立っていきました。一気に数メートルも上昇していったチョウを追いかける児童もおり、「元気に飛んでいってうれしかった」、「卵を産んで、仲間を増やしてほしい」と笑顔で話していました。
 

カテゴリ

事業者向け情報

支援
産業振興

市政情報

広報・広聴
広報
市の概要
市政
  • 最終更新日:2009年4月13日(月曜日) 12時16分
  • ID:2-3-12145-5436
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > ”春の女神”が飛び立った

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト