南砺市観光ガイド トップ / みどころ > 第13回権次郎まつり 映画のPR映像と名物牛丼で大盛り上がり

南砺市のみどころ


第13回権次郎まつり 映画のPR映像と名物牛丼で大盛り上がり

情報発信元:南砺で暮らしません課 0763-23-2037 
最終更新日時 2014年7月13日 16時00分 ID 2-3-12145-12608 

映画「稲塚権次郎物語」の稲塚監督が訪問しPR映像を上映されました


名物牛丼に舌鼓♪別ウィンドウで開きます

稲塚監督から撮影経過の報告別ウィンドウで開きます

お買い上げありがとうございます!別ウィンドウで開きます

 7月13日(日)、この時期の城端地域の風物詩としてすっかり定着した感のある「権次郎まつり」。13回目を数える今回は、6月に本格撮影が開始された映画「稲塚権次郎物語」の効果もあり、あいにくの天候にも関わらず、例年以上の来場者で大いに賑わいました。

 権次郎祭り名物「牛丼権次郎屋」限定500食の牛丼は、販売開始前から道路にあふれるほどの行列が出来、販売開始を告げる正午の花火とともに文字通り飛ぶように売れていきました。名物牛丼のほかにも、「第1回南砺市B級グルメグランプリ」の「なんなんまぶまぶ」や、稲塚権次郎さんが育成した「小麦農林10号」を使った権次郎ラーメンやアグリーパンに権次郎ソーメン、そして城端地ビールなど様々なメニューが用意され、大勢の来場者が大満足の舌鼓を打ちました。
 また、映画「NORIN TEN“農の神”と呼ばれた男 稲塚権次郎物語」監督で稲塚権次郎の遠戚にあたる稲塚秀孝監督が今年も会場を訪問。6月の南砺ロケ以降の撮影経過、今後の撮影スケジュールなどについて報告されたのち、南砺ロケのラッシュ映像を編集した約4分のPR映像を上映。エキストラ出演や、支える会として南砺ロケを支えた皆さんをはじめ、会場に集まった大勢の地元住民の皆さんが固唾をのんで映像を見守り、その美しい映像に映画完成への期待を膨らませていました。さらに、稲塚監督から来年5月の南砺市での先行上映を目標にしていることと、それまでの映画PRのためのイメージソングとして加藤登紀子さんが発表されたばかりの新曲「愛を耕す者たちよ」を使用することが発表されると会場からは大きな拍手が沸き起こりました。


問い合わせ先


名前 蓑谷地区村づくり協議会(JAなんと東部支店内)
電話番号 0763-62-1313

[くらしの分類]

味と技まつり・イベント広報

情報発信元


南砺で暮らしません課

電話番号 0763-23-2037
ファックス番号 0763-82-0170

▲ページの先頭へ戻る