南砺市観光ガイド トップ / みどころ > 立野原観光農園いちご狩り開園式 園児21名が美味しいイチゴをパクリ!

南砺市のみどころ


立野原観光農園いちご狩り開園式 園児21名が美味しいイチゴをパクリ!

情報発信元:南砺で暮らしません課 0763-23-2037 
最終更新日時 2015年5月21日 12時00分 ID 2-3-12145-14344 

立野原観光農園のいちご狩りが本格営業を開始 開園式に園児を招待


甘いイチゴおいしいよ別ウィンドウで開きます

天気も良くて気持ち良いね別ウィンドウで開きます

鈴なりに実ったイチゴたち別ウィンドウで開きます

 5月21日(木)、福光地域土生新の立野原観光農園で開園式が行われ、福光南部あおぞら保育園の園児21名(年長9名、年中13名)が招待され、日の光をたっぷり浴びて真っ赤に熟したあま〜いイチゴを夢中で頬張りました。

 南砺の初夏の風物詩として毎年たくさんの方が心待ちにされている立野原観光農園のイチゴ狩りが今シーズンの本格営業を開始。スタッフの方によると「晴れの日が続き心配していましたが先日の台風の時の雨を受けて一気に赤く色づき始めました。まさに今からが食べごろです!」との事。畑には赤く色づいたイチゴたちがまさに「すずなり」になって実っています。
 開園式を終えていよいよイチゴ狩りに挑んだ園児のみなさん。たくさん実った真っ赤なイチゴに大喜び!「こっちに大きいのあったよ!」、「あま〜い♪」、「せんせー、もう食べていいが〜?」と大はしゃぎ。満面の笑顔で爽やかな初夏の味覚を目いっぱい満喫しました。
 観光農園で作付けされているイチゴは、鮮赤色で柔らかく強い甘味の果肉が特徴の「宝交早生(ほうこうわせ)」。来園の際には、水筒に氷水を詰めて持参されるとイチゴを洗いながら食べる事ができ一層おいしく召し上がれます。お好みで練乳などもお忘れなく♪

◇開園期間
 5月21日(木)〜6月中旬予定
◇開催場所
 南砺市土生新2205 立野原観光農園
◇開園時間
 午前9時から午後4時まで
 ※イチゴがなくなり次第、時間内でも営業を終了することがあります
◇入園料
 大 人 1,500円/人
 小学生 1,400円/人
 園 児 1,300円/人
 ※3歳未満は無料
 (10名以上の団体は事前に予約をお願いします)


問い合わせ先


名前 立野原観光農園(担当:中道)
電話番号 090-9442-3994

[くらしの分類]

自然・景観味と技体験・コース広報

情報発信元


南砺で暮らしません課

電話番号 0763-23-2037
ファックス番号 0763-82-0170

▲ページの先頭へ戻る