南砺市観光ガイド トップ / みどころ > 『みんなで農作業の日』in 五箇山 相倉合掌造り集落で田植え作業

南砺市のみどころ


『みんなで農作業の日』in 五箇山 相倉合掌造り集落で田植え作業

情報発信元:南砺で暮らしません課 0763-23-2037 
最終更新日時 2018年5月20日 15時00分 ID 2-3-12145-19663 

世界遺産・五箇山棚田オーナー事業“田植え作業”が行われました。


「ころがし」を使って慣れない農作業別ウィンドウで開きます

泥んこになっての手植え作業別ウィンドウで開きます

指導員から農作業の手ほどき別ウィンドウで開きます

 5月20日(日)、世界遺産相倉合掌造り集落で『みんなで農作業の日』in 五箇山「世界遺産・五箇山棚田オーナー事業“田植え作業”」が行われ、茨城県などからの棚田オーナー6組70名をはじめ、コーリャク隊や地元関係者の皆さんなどあわせて約150名が参加して集落内の棚田で田植えを手作業で行いました。

 晴天に恵まれて絶好の農作業日和となったこの日、作業に先立って行われた開会式で手順について説明を受けた参加者の皆さんは、農業公社の職員から苗の植え付け作業の指導を受け、早速17枚(2,012u)のほ場で用意された早稲品種「てんたかく」の苗を手に植え込み作業を開始。「ころがし」と呼ばれる昔ながらの農機具を使って田んぼに苗の植え込み目印が付けられた水田に足をとられながらも一株一株丁寧に植え込み作業を行い、集落内に眩しい日差しが降り注ぐ中、参加者の皆さんは歓声を上げながら、約2時間にわたって農作業体験を楽しんでいました。
 隣接する相倉集落の駐車場には、日曜日とあって世界遺産観光を楽しもうと大勢の観光客らが訪れ、参加者の皆さんが楽しそうに田植え作業を体験する棚田の風景を合掌造り家屋とともにカメラにおさめる姿が見られました。
黄金色の稲穂が実る秋には、再びオーナーの皆さんが参加して稲刈りが行われるほか、赤かぶ・そばなど『みんなで農作業の日』in五箇山の他の農産物オーナーの皆さんと一緒に「大収穫祭」が開催されます。早くも「実りの秋」の到来が楽しみですね。


問い合わせ先


名前 農林課 農産振興係
電話番号 0763-23-2016

情報発信元


南砺で暮らしません課

電話番号 0763-23-2037
ファックス番号 0763-82-0170

▲ページの先頭へ戻る