南砺市観光ガイド トップ / みどころ > 井波の町並みがまるごと美術館 まちなみアートinいなみ2018開催中

南砺市のみどころ


井波の町並みがまるごと美術館 まちなみアートinいなみ2018開催中

情報発信元:南砺で暮らしません課 0763-23-2037 
最終更新日時 2018年9月22日 00時00分 ID 2-3-12145-20230 
会場   [井波地域]

90カ所以上のまちなみ展示場に約300点のアートを展示


庭園解放 竹村邸別ウィンドウで開きます

庭園解放 春田邸別ウィンドウで開きます

春田邸内 金京徳さんの陶器展示別ウィンドウで開きます

 9月22日(土)から30日(日)にかけて、井波別院瑞泉寺や井波の町並み一帯を会場に開催される「まちなみアートinいなみ2018」がスタート。様々なアート展示や多彩な催しで日本遺産にも認定された木彫刻のまち井波が大勢の人で賑わいます。

 八日町通りや本町通りを中心に90ヵ所以上のまちなみ展示場が設けられ約300点のアート作品が展示されていて、井波の町並み一帯はまるごと美術館そのもの。瑞泉寺の虎の間では23日(日)、24日(月)の午前・午後の2回にわたって八幅の御絵伝による聖徳太子絵解きが行われるほか、虎の襖絵が一際厳かな雰囲気を醸す勅使御待ち受けの間の特別公開やお馴染みの庭園解放のほか、お寺でアート展示&いけばな展、予約制の欄間ウォークなどに大勢の観光客が参加されています。

 さらに瑞泉寺山門前では恒例となっている「全国袋ラーメン博」や「巨大段ボール迷路」(30日)や井波担当の地域おこし協力隊などによる飲食ブース(22日〜24日、29日、30日)などが行われます。

 期間後半の週末となる29日(土)、30日(日)には同時開催の「第44回井波彫刻まつり」が井波彫刻総合会館とその周辺で行われ、期間中は入館料が半額となり、年に一度の彫り出しもの市、岩屋交差点に設置される大彫刻「獅子」の公開制作、獅子カレーの数量限定販売や獅子バーガーのふるまい(200個)などが行われます。また同じく同時開催の「いなみ灯りアート2018」も同期間に開催され、29日は静寂のなか、ライトアップされた瑞泉寺境内や周辺の通りの雰囲気を堪能。30日には「木遣りおどり」や「おわら踊り」が披露されます。

 「まちなみアートinいなみ2018」「第44回井波彫刻まつり」「いなみ灯りアート2018」の詳しい内容や開催日などは下記リンク先をご覧ください。


問い合わせ先


名前 南砺市観光協会 井波観光案内所
電話番号 0763-82-2539

関連リンク


[くらしの分類]

井波地域まつり・イベント

情報発信元


南砺で暮らしません課

電話番号 0763-23-2037
ファックス番号 0763-82-0170

▲ページの先頭へ戻る