南砺市観光ガイド トップ / みどころ > 過去最多593名が山岳古道「道宗道」を駆ける

南砺市のみどころ


過去最多593名が山岳古道「道宗道」を駆ける

情報発信元:南砺で暮らしません課 0763-23-2037 
最終更新日時 2018年10月8日 11時00分 ID 2-3-12145-20295 
会場   [平地域|上平地域|井波地域]

第5回世界遺産五箇山・道宗道トレイルラン大会開催


ロングコースのスタート別ウィンドウで開きます

山道へ入っていく選手たち別ウィンドウで開きます

お侍さんも参加別ウィンドウで開きます

 10月7日(日)、信仰心の篤い妙好人として知られる「赤尾の道宗」が通ったとされる山岳古道「道宗道」、上平地域の行徳寺から井波別院瑞泉寺までを結ぶ急峻な山道を舞台に第5回世界遺産五箇山・道宗道トレイルラン大会が開催され、ロングコース(24km)、ミドルコース(16km)、ショートコース(8km)、合計で過去最多となる593人が出走しました。

 台風25号の影響により、ロングコースのスタート地点が当初予定されていた行徳寺から平地域のたいらスキー場に変更され、距離も36kmから24kmに短縮。スタート時間も変更され、ロングコース参加選手たちは午前8時に田中市長の号砲により同スキー場駐車場に設けられたスタートゲートから元気よく飛び出して行きました。

 井波別院瑞泉寺では山門が巨大なゴールゲートとして設営されており、各コースを駆け抜けた選手たちが泥だらけになりながらも次々に笑顔でフィニッシュ。山門前ではボランティアの方々により選手たちへあったかいうどんやコーヒーの振る舞いも行われていました。

 午後1時からは表彰式が行われ、ロングの男子を制した阪田啓一郎さん(三重)や女子の阿部智恵子さん(福井)ら、各コース男女別に3位までの選手たちに賞状や副賞が手渡されました。表彰式後にはエキシビジョンとして来年から設けられる予定のエキスパートコースを走った福井哲也選手と高瀬裕行選手が紹介され、ロングコース(行徳寺〜瑞泉寺)を走った後、さらにショートコース(瑞泉寺〜八乙女山〜瑞泉寺)を走る苛酷とも思えるコースの感想を参加者たちに伝えていました。また招待選手の松本大選手、小出徹選手とのジャンケン大会も行われ、ジャンケンを勝ち抜いた参加者には協賛企業からTシャツなどの商品が送られていました。


問い合わせ先


名前 道宗道トレイルランレース事務局(フィールズ)
電話番号 0475-47-3017

関連リンク


情報発信元


南砺で暮らしません課

電話番号 0763-23-2037
ファックス番号 0763-82-0170

▲ページの先頭へ戻る