現在の位置:トップ > 手続き・申請・業務 > 印鑑登録(代理申請)

印鑑登録(代理申請)

代理での印鑑登録について

情報発信元:市民生活課

登録申請者が疾病その他やむを得ない事由により申請ができないときは、その代理人により申請することができます。
(ただし登録申請者が本人であること及び印鑑登録申請が本人の意思に基づくものであることを確認した上で登録が可能となります。
※意思確認に「照会回答書」を申請者にお送りして確認します)

この手続きの場合、即日で印鑑登録はできません。
また代理人の方が数回窓口にきて頂く必要があり、登録までに日数がかかります。
あらかじめご了承ください。

○印鑑登録できる人--------------------------------
15歳以上の本市の住民基本台帳に記録されている方
(本人の意思確認ができない方は登録することができません)
(成年被後見人の方は印鑑登録することができません)

○申請手続き--------------------------------------
(1)申請時に必要なもの
 1.登録される印鑑
 2.「印鑑登録申請書」(登録する本人が自署したもの)
 3 .「代理人選任届」(登録する本人が自署したもの)
   「印鑑登録申請書」および「代理人選任届」は、印鑑登録する方が自筆で記入ください。
    書類は各行政センター窓口でお渡ししております。
    またこのHPよりダウンロードできます。
 4.代理人の認印
 5.代理人の身分証明書(下記のA)
 6.登録者本人の身分証明書(下記のA又はBのいずれか)の写し
  A:官公署が発行した写真付身分証明書
    運転免許証、住民基本台帳カード、パスポート、身体障害者手帳、療育手帳、在留カード・特別永住者証明書など

  B:官公署の発行した証明書2つ
    健康保険証、後期高齢者医療被保険者証、介護保険被保険者証、年金証書(手帳)

 7.申請者本人の住民基本台帳カード又はなんとカード(お持ちの方)
  住基カードを印鑑登録証として使用することができます。
  希望されない方には印鑑登録証を交付します。住基カードは回収させて いただきます。


(2)申請受付後、本人(印鑑登録する人)宛てに「照会回答書」を郵送します。

(3)「照会回答書」の到着後、下記の書類を再度窓口にお持ちください。
 1.「照会回答書」(登録する本人が自署したもの)
 2.登録する印鑑
 3.代理人の印鑑
 4.印鑑登録する人の本人確認書類(上記のA又はBのいずれか)
 5.代理人の本人確認書類(上記A)
 6.住民基本台帳カード又はなんとカード(お持ちの場合)
 
○注意事項-------------------------------------------------
●登録できる印鑑は1人1個です。

●登録できない印鑑
 (1)同一世帯で既に登録されている印影と同一のもの
 (2)住民基本台帳に記録され、又は登録されている氏名、氏もしくは名又は氏名の一部を組み合わせたものを表していないもの
 (3)職業、資格その他氏名以外の事項を表しているもの
 (4)ゴム印その他の印鑑で変形しやすいもの
 (5)印影の大きさが1辺の長さ8ミリメートルの正方形に収まるもの又は1辺の長さ25ミリメートルの正方形に収まらないもの
 (6)印影を鮮明に表しにくいもの
※同型のものが大量生産されていることから、機械製造による既製品の登録は避けてください。

関連書類

※ダウンロードします。 (関連書類をご覧になるには)

カテゴリ

くらしの情報

手続き・証明
住民票・印鑑届
  • 最終更新日:2017年2月6日(月曜日) 10時00分
  • ID:4-3-331-3073
  • 印刷用ページ

情報発信元

市民生活課

電話番号
0763-23-2008

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-8221

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > 手続き・申請・業務 > 印鑑登録(代理申請)

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト