現在の位置:トップ > お知らせ > 恒例となった福光橋の真ん中での「出あい」を披露

恒例となった福光橋の真ん中での「出あい」を披露

ふくみつ春まつり

情報発信元:南砺で暮らしません課

恒例となった福光橋の真ん中での「出あい」を披露の画像
今年の「出あい」

 15日(日)早朝から福光市街地一円で開催された「ふくみつ春まつり」。午後からも時折雨が散らつくはっきりしない天候が続く中、福光宇佐八幡宮の巨大神輿と荒木町の御神輿の巡行、さらに各町の獅子舞や庵屋台のが町中に繰り出しました。

恒例となった福光橋の真ん中での「出あい」を披露の画像
庵屋台も巡行

恒例となった福光橋の真ん中での「出あい」を披露の画像
獅子舞(西町)

恒例となった福光橋の真ん中での「出あい」を披露の画像
獅子舞(西荒町)

恒例となった福光橋の真ん中での「出あい」を披露の画像
荒木町の御神輿

恒例となった福光橋の真ん中での「出あい」を披露の画像
「出あい」に向かう巨大神輿

 2012年より、2つの御神輿の開催日が同日となったために毎年の恒例となった福光橋の真ん中での「出あい」。法螺貝の音が鳴り響く中、2つの御神輿がタイミングを合わせて福光橋の真ん中で顔を合わせ、掛け声をかけながら力強く何度も御神輿を持ち上げると、大勢の見物客からは拍手や歓声が上がっていました。

カテゴリ

  • 最終更新日:2018年4月16日(月曜日) 00時00分
  • ID:2-3-12145-19541
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 恒例となった福光橋の真ん中での「出あい」を披露

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト