現在の位置:トップ > お知らせ > 南砺市「地域おこし協力隊」隊員を2名募集します(締切は2/20の17時まで)

南砺市「地域おこし協力隊」隊員を2名募集します(締切は2/20の17時まで)

任務は、「空き家、移住・定住対策」と「農林業の6次産業化」の実践です。

情報発信元:南砺で暮らしません課

南砺市「地域おこし協力隊」隊員を2名募集します(締切は2/20の17時まで)の画像
南砺市の散居村風景

 南砺市では、平成27年度に活動する地域おこし協力隊員を2名(空き家、移住・定住対策1名、農林業の6次産業化1名)募集します。

 富山県の南西部にある南砺市は、東に接する県都富山市へは車で1時間、西の石川県金沢市へは30分、南は1,000から1,800m級の山岳を隔てて岐阜県と接する位置にあります。
 名古屋市からは東海北陸自動車道により2時間半で結ばれ、平成27年3月14日には北陸新幹線が金沢まで開業することで首都東京と3時間程度の距離になるなど、ますます便利で近くなります。


 市の北部は平野で、水田地帯の中に美しい「散居村」の風景が広がり、独特の集落景観を作りだしています。南部は、標高200から700mの山間地域で、一帯は「五箇山」と称し、世界遺産に登録されている合掌造り集落の風景を今に残す、歴史と文化の薫り高い地域です。

 地域おこし協力隊は、水田地帯の美しい福光または城端の山間過疎地域で居住し、市全域で活動していただきます。人口減少という大きな課題を抱える中で全市的な活性化対策が求められており、市全体の空き家、移住・定住対策、農林業の6次産業化に取り組む予定です。魅力ある地域をつくっていこうという地方創生の流れの中で、地域おこし協力隊制度を積極的に活用し新たな地域づくりの糸口を掴みたいと考えております。

●空き家、移住・定住対策募集の背景
 日本創成会議・人口減少問題検討分科会の推計による「消滅可能性」896自治体の中に南砺市が含まれるように、今後ますます空き家が増え、市の存続にかかわる問題となっていきます。一方、空き家の利活用や移住後の雇用の問題などの課題について根本的な解決方法を模索中です。

●農林業の6次産業化募集の背景
 市の農業は水稲が中心です。ほとんどが兼業農家であり、近年は法人経営や集落営農がすすんでいます。米、里芋、赤かぶ、ぎんなん、五箇山豆腐、富山干柿、かぶら寿し、山菜、そばなど特産品も多く、加工品の製造や販路の拡大も生産者・製造者・販売者・行政で進めていますが、産業の創出、とりわけ人の雇用においてはまだこれからというのが現状です。
 市の面積の約8割を占める森林についても、木材価格の低迷や担い手不足による森林環境の悪化が問題となっています。林業再興による新たな収入源、グリーンツーリズムやエコツーリズムによる森や里山と地域の活性化は、市のエコビレッジ構想の基本方針の一つです。

 これらの問題の解決へ向かって、新たな視点で市の課題を見つめ、地域の人々と力を合せて地域づくり活動に取り組んでいただける意欲溢れる方を募集します。

●業務概要(空き家、移住・定住対策)
 空き家の利活用、移住・定住を自ら実践し、活動状況や生活情報を移住・定住のモデルとして発信することを主な業務とします。その結果、次の移住者を呼び込み、将来的に空き家を利活用した取り組みにより暮らせるよう活動を展開してください。(例:農家レストラン、農家民宿、カフェ、パン屋など)
 その他、市内全域を活動エリアとして、空き家の利活用、移住・定住活動の補助も業務とします。

●業務概要(農林業の6次産業化)
 農林業資源(山、畑、田、産物)を生かした起業を自ら実践することで、そのモデルとして活動状況や生活情報を発信することを主な業務とします。その結果、将来的には農林業が新たな雇用の場となることを目指し、市内に6次産業が普及するよう活動を展開してください。
 その他、市内全域を活動エリアとして、農林業の6次産業化の補助も業務とします。


南砺市地域おこし協力隊隊員募集概要(詳細は下記関連書類の募集要領でご確認ください。)
1.募集人数  2名(空き家、移住・定住対策1名、農林業の6次産業化1名)
2.応募資格  都市地域に、住む平成27年1月1日現在で20歳以上45歳以下の方。
        農林業、食品加工製造、食品販売の経験や企画の、いずれか1つ以上に携わったことのある方(農林業の6次産業化に応募の方のみ) 。
3.任用期間  平成27年4月1日 〜 平成28年3月31日(最長で平成30年3月31日まで延長の可能性があり)
        ※現在の就業状況などの理由により別の日としたい場合は応談。
4.報酬    月額 200,000円
5.活動研修費 年額 300,000円(上限)
6.住居    市で用意いたします(光熱水費等自己負担)。家族での移住可。
        ※福光地域または城端地域の山間過疎地域に居住していただきます。
7.活動車両  市で用意いたします。活動に係る燃料費は市が負担します。
8.機器貸与  パソコン、プリンター、通信機器を市で貸与します。
9.勤務地   南砺市全域。 定例の打合せを除き市役所への勤務はありません。活動内容および研修過程によっては、その他活動先を選択していただきます。

10.勤務時間等 週38時間45分を基本とします。 その他南砺市嘱託職員に準ずる。
11.募集締め切り 平成27年2月20日(金)17時必着

※詳細を南砺市地域おこし協力隊隊員募集要領及び南砺市地域おこし協力隊設置要綱で確認のうえ、ご応募ください。

関連書類

※ダウンロードします。 (関連書類をご覧になるには)

関連リンク

ご案内

ご案内
問い合わせ先 市民協働課 石本(いしもと)
電話番号 0763-23-2036
FAX番号 0763-82-0170

カテゴリ

くらしの情報

ライフステージ
引越・定住
学ぶ・交流
協働まちづくり
生活環境
労働・消費生活

市政情報

広報・広聴
広報
  • 最終更新日:2015年2月6日(金曜日) 18時00分
  • ID:2-3-12145-13650
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 南砺市「地域おこし協力隊」隊員を2名募集します(締切は2/20の17時まで)

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト