現在の位置:トップ > お知らせ > 「一流の田舎」とは?

「一流の田舎」とは?

南砺の将来像について考える「ローカルサミットNEXT in南砺」開催

情報発信元:情報政策課

「一流の田舎」とは?の画像
ローカルサミットNEXT in南砺

 10月26日(土)、27日(日)、全国の有志と連帯し地域活性化の輪を広げる「ローカルサミットNEXT in 南砺」が城端地域で開催され、全国から集まった参加者の皆さんが、基調講演や分科会などを通して、「一流の田舎」をキーワードに南砺市が目指す将来像について考えました。

「一流の田舎」とは?の画像
藻谷浩介氏の基調講演

「一流の田舎」とは?の画像
幅広い分野で行われた分科会

「一流の田舎」とは?の画像
分科会の報告

「一流の田舎」とは?の画像
大討論会の様子

「一流の田舎」とは?の画像
参加者の皆さん

 26日は城端別院善徳寺を会場に基調講演と分科会、懇親会が行われ、基調講演で日本総合研究所の藻谷浩介主席研究員は、都会と比べて豊かな自然に囲まれた環境で生活することの優位性について話し、そこに暮らす理由を堂々と説明できる人々が住んでいるのが「一流の田舎」であり、「なぜここを選び、暮すのか、住んでいる人の“住む理由”を良いものにして行こう!」と呼び掛けました。
 田中市長は市の「エコビレッジ構想」やSDGs未来都市などの取り組みについての説明。環境省の中井徳太郎総合環境政策統括官による「地域循環共生圏」に関する説明や大福寺の太田浩史住職による土徳文化の解説も行われました。
 「世界に誇る一流の田舎」をメインテーマに、農業や芸術、観光、ITなど幅広い10の分野でおこなれた分科会は、市内の関係者や市外の有識者を中心に意見交換が行われました。
 
 27日は会場を市伝統芸能会館「じょうはな座」に移して、各分科会からの報告や分科会報告を踏まえた討論が行われ、島田優平実行委員長が、今回のローカルサミットで話し合われた内容をまとめた「南砺幸せなSDGs志民憲章」を田中市長に提案しました。

 提案いただいた志民憲章は下記関連書類よりご覧いただけます。

関連リンク

関連書類

※ダウンロードします。 (関連書類をご覧になるには)

ご案内

ご案内
問い合わせ先 エコビレッジ推進課
電話番号 0763-23-2050

カテゴリ

くらしの情報

学ぶ・交流
協働まちづくり
生活環境
エコビレッジ・環境衛生
  • 最終更新日:2019年10月28日(月曜日) 11時00分
  • ID:2-2-20963-21636
  • 印刷用ページ

情報発信元

情報政策課

電話番号
0763-23-2002

お問い合わせ

ファックス番号
0763-22-1169

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 「一流の田舎」とは?

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト