現在の位置:トップ > お知らせ > 井口地域の赤祖父円筒分水槽が国の登録有形文化財(建造物)として答申されました

井口地域の赤祖父円筒分水槽が国の登録有形文化財(建造物)として答申されました

県内最古で最小の円筒分水槽

情報発信元:情報政策課

井口地域の赤祖父円筒分水槽が国の登録有形文化財(建造物)として答申されましたの画像
赤祖父円筒分水槽

 11月15日(金)、国の文化審議会は井口地域の赤祖父円筒分水槽を含む22都道府県の建造物133件を国登録有形文化財(建築物)として登録するよう文部科学大臣に答申しました。

井口地域の赤祖父円筒分水槽が国の登録有形文化財(建造物)として答申されましたの画像
伊東さんにお話を伺いました

井口地域の赤祖父円筒分水槽が国の登録有形文化財(建造物)として答申されましたの画像
県内最古で最小の円筒分水槽です

 昭和24年に赤祖父溜池工事の一環として築かれた赤祖父円筒分水槽は、県内最古で最小(直径3.4m)の円筒分水槽で、赤祖父のため池の水がサイフォンの原理などを利用して円筒中心から湧き上がり、一定の割合に分割されて越流することで、3つの用水に流れる仕組みになっています。

 近くにお住まいの伊東浩さんは、「ため池や円筒分水槽が出来る前は水不足で争いが絶えない地域でした。小学生だったころ、工事を担当する県の技師が家にしばらく寝泊りしていたことを憶えています」と当時の話をいろいろと聞かせてくださいました。
 
 この円筒分水槽は南砺市を舞台にしたオリジナルアニメ「恋旅」の匠と夏子編のデートシーンにも登場します。

 また魚津市にある、SNSなどで“日本一美しい”とも評される東山円筒分水槽も今回答申されています。2つの円筒分水槽を見比べてみるもの面白いかもしれませんね。

  赤祖父円筒分水槽が国登録有形文化財(建築物)に登録されると、市内の同文化財は12か所で21件となります。

ご案内

ご案内
問い合わせ先 文化・世界遺産課
電話番号 0763-23-2014

カテゴリ

くらしの情報

学ぶ・交流
文化・芸術
  • 最終更新日:2019年11月19日(火曜日) 10時00分
  • ID:2-2-20963-21707
  • 印刷用ページ

情報発信元

情報政策課

電話番号
0763-23-2002

お問い合わせ

ファックス番号
0763-22-1169

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 井口地域の赤祖父円筒分水槽が国の登録有形文化財(建造物)として答申されました

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト