現在の位置:トップ > お知らせ > 南砺と金沢を結ぶ大動脈の早期事業化をめざす

南砺と金沢を結ぶ大動脈の早期事業化をめざす

「金沢福光連絡道路整備促進期成同盟会」通常総会開催

情報発信元:南砺で暮らしません課

南砺と金沢を結ぶ大動脈の早期事業化をめざすの画像
「金沢福光連絡道路整備促進期成同盟会」通常総会

 11月30日(水曜日)、アローザ村の来夢で、「金沢福光連絡道路整備促進期成同盟会」の通常総会が開催され、前衆議院議員の綿貫民輔会長をはじめ南砺、金沢両市長、県・市議会議員など約60名が出席しました。

南砺と金沢を結ぶ大動脈の早期事業化をめざすの画像
綿貫会長のあいさつ

南砺と金沢を結ぶ大動脈の早期事業化をめざすの画像
決議(案)を述べる金沢市の上田議長

 東海北陸自動車道の福光ICと金沢外環状道路を結ぶ「金沢福光連絡道路」。要望活動をはじめ会議や意見交換会を開催するなど、連結道路の早期事業化へ向け国、県等に理解を求めてきました。
 開会で、綿貫会長が「この道路は、観光・経済・文化の発展の要になるもの。皆で一体となり最終目標へ向かってほしい」とあいさつ。石川県土木部の辻啓一技監、富山県土木部の柴田聡次長が祝辞を述べました。
 議事では、事業報告、関係機関絵への要望などの事業計画が審議・可決。金沢市議会の上田章議長が「先の大震災において、主要幹線道路が物資の輸送や避難路としての役割を担い、連絡道路の必要性が認識された。連絡道路の整備促進について最大限の努力を期する」と決議(案)を述べ、採択されました。

ご案内

ご案内
問い合わせ先 建設部 土木課
電話番号 0763-23-2021

カテゴリ

くらしの情報

ライフライン
道路・交通

事業者向け情報

都市・建設
建設

市政情報

広報・広聴
広報
市の概要
市政
  • 最終更新日:2011年12月1日(木曜日) 01時55分
  • ID:2-3-12145-8587
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 南砺と金沢を結ぶ大動脈の早期事業化をめざす

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト