現在の位置:トップ > 手続き・申請・業務 > 埋蔵文化財包蔵地(遺跡)内の開発行為について

埋蔵文化財包蔵地(遺跡)内の開発行為について

遺跡内で工事する際に必要な書類

情報発信元:文化・世界遺産課

開発行為を行う場合、埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の範囲内かどうかを事前にご確認ください!

遺跡内で住宅や車庫などの造成・建築工事をする時には届出が必要になります。記入例を参考に、工事着工の60日前までに工事図面(平面図・立面図等)を添えて、文化・世界遺産課まで提出をお願いします。

※遺跡の範囲は、発掘調査の結果により変更や追加、削除している可能性があります。最新の遺跡範囲は文化・世界遺産課にお訪ねいただくことをおすすめいたします。

※「承諾書」は本調査および試掘調査を実施する場合のみ必要となります。

関連書類

※ダウンロードします。 (関連書類をご覧になるには)

関連リンク

カテゴリ

くらしの情報

学ぶ・交流
生涯学習
文化・芸術
  • 最終更新日:2014年5月30日(金曜日) 00時00分
  • ID:4-4-19-12780
  • 印刷用ページ

情報発信元

文化・世界遺産課

電話番号
0763-23-2014

お問い合わせ

ファックス番号
0763-52-6349

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > 手続き・申請・業務 > 埋蔵文化財包蔵地(遺跡)内の開発行為について

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト