現在の位置:トップ > 手続き・申請・業務 > 固定資産の相続が完了していないときは

固定資産の相続が完了していないときは

相続人代表者指定届出書

情報発信元:税務課

賦課期日(1月1日)までに、相続が完了していない場合に提出してください。

・ 固定資産税の賦課期日は1月1日です。

・ 賦課期日までに相続が完了しない場合は、相続人を代表して納税者となる方を指定していただく必要があります。

・ この届出は、不動産登記法でいう所有権の相続を示すものではありません。

・ 届出書には、申請者、相続人代表者の印が必要になります。

・ 届出先は、税務課もしくは各行政センターです。

・ 届出書は税務課、各行政センターに用意してありますし、下記よりダウンロードできます。

関連書類

※ダウンロードします。 (関連書類をご覧になるには)

ご案内

ご案内
料金 無料
申込み情報 申請者、相続人代表者の印

カテゴリ

くらしの情報

ライフステージ
死亡・相続
ライフライン
住宅・土地
手続き・証明
税金
  • 最終更新日:2010年12月28日(火曜日) 11時00分
  • ID:4-3-4-434
  • 印刷用ページ

情報発信元

税務課

電話番号
0763-23-2005

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-3414

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > 手続き・申請・業務 > 固定資産の相続が完了していないときは

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト