現在の位置:トップ > お知らせ > キャッチフレーズは「広げよう 地域に根ざした 思いやり」

キャッチフレーズは「広げよう 地域に根ざした 思いやり」

福野地域で一日民生委員・民生委員らが民生委員制度を街頭PR

情報発信元:南砺で暮らしません課

キャッチフレーズは「広げよう 地域に根ざした 思いやり」 の画像
5名へ委嘱状を交付

 5月13日(日)、福野地域において、田中市長と才川市議会議長、中山社会福祉協議会会長、福野中学校の生徒2名が「一日民生委員・児童委員」に任命され、南砺市民生委員児童委員協議会(得能金市会長)の皆さんとともに、高齢者世帯への訪問と、民生委員児童委員活動の街頭PRを行いました。

キャッチフレーズは「広げよう 地域に根ざした 思いやり」 の画像
得能会長と一日民生委員・児童委員の5名で記念写真

キャッチフレーズは「広げよう 地域に根ざした 思いやり」 の画像
高齢者宅を実際に訪問

キャッチフレーズは「広げよう 地域に根ざした 思いやり」 の画像
買い物客へ制度・活動をPR

キャッチフレーズは「広げよう 地域に根ざした 思いやり」 の画像
子どもたちにもPR

キャッチフレーズは「広げよう 地域に根ざした 思いやり」 の画像
警察・消防も含めて約60名が街頭PRに参加

 厚生労働大臣から委嘱され、地域の福祉を担う無償のボランティアとして活動されている民生委員児童委員のみなさん。市内では155名の委員の皆さんが、地域に根差した支援活動されています。毎年5月12日が「民生委員・児童委員の日」であり、5月12日〜18日は「活動強化週間」、そして5月5日から11日が「児童福祉週間」であることから、その活動に対し地域住民や関係機関、そして次代を担う中学生に理解を深めていただき、連携を強化するために、「一日民生委員・児童委員」としての体験と街頭PRによる広報活動を実施されました。

 午前9時50分頃、福野庁舎にて得能会長より田中市長と才川議長、中山会長、福野中学校3年生の鶴居成美さん、尾山日菜さんの5名に「一日民生委員・児童委員」の委嘱状が交付され、その活動を開始。

 始めに、二手に分かれて福野地域内の単身高齢者世帯を担当民生委員と訪問し、委員の日頃の活動に対する理解を深めました。

 次に、一行はショッピング アミューにて同協議会のメンバーら約60名と共に街頭PR活動を行い、訪れた買い物客にパンフレット入りのクリアファイルやポケットティッシュを配りながら民生委員児童委員活動への理解を呼び掛けました。

 街頭PRの終了後、「一日民生委員・児童委員」を務めた中学生の二人は、「地域をよりよくする活動をされていることがわかりました。周りの人にも伝えていきたいです」「地域との関わりを持つことの大切さがわかりました」などと感想を述べていました。

ご案内

ご案内
問い合わせ先 福祉課 社会福祉係
電話番号 0763-23-2009

カテゴリ

くらしの情報

保健・福祉
介護・福祉
高齢
  • 最終更新日:2018年5月13日(日曜日) 00時00分
  • ID:2-3-12145-19641
  • 印刷用ページ

情報発信元

南砺で暮らしません課

電話番号
0763-23-2037

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-0170

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > キャッチフレーズは「広げよう 地域に根ざした 思いやり」

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト