現在の位置:トップ > 手続き・申請・業務 > 住宅・土地の一覧

手続き・申請・業務

情報が更新された順に並んでいます。

「住宅・土地」には36件の情報があります。

伐採及び伐採後の造林に係る届出書について
森林の適正な管理のために、伐採及び伐採後の造林において届出の提出が必要です。
森林・農地整備課 2022年4月1日 00時00分
地域未来投資促進法の施行に伴う固定資産税の課税免除について
 南砺市地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律の施行に伴う固定資産税の課税免除に関する条例により、富山県の承認を得た「地域経済牽引事業計画」に従って取得された固定資産で、次の…
税務課 2022年3月4日 17時00分
未登記建物の所有者を変更したときは
未登記建物の所有者を変更したときは、『未登記家屋異動届』を提出してください。
税務課 2021年4月1日 08時30分
国土利用計画法に基づく届出について
土地の乱開発や無秩序な土地利用・土地取引を防止するために、一定面積以上の大規模な土地の取引をしたときは、国土利用計画法により、県知事に届出をする必要があります。次の条件にあてはまる大規模な土地取引をし…
政策推進課 2020年4月10日 14時00分
固定資産税の減額措置について
一定の基準を満たす住宅改修をされた住宅には次のような固定資産税減額措置があります。
税務課 2020年4月1日 09時00分
税務証明の申請
税務証明は各市民センター(旧町村役場)窓口で申請してください。
税務課 2020年1月6日 16時20分
南砺市住まい・まちづくり計画
 少子高齢化に伴う人口・世帯数の減少や空き家の増加、若者の都市部への転出傾向、地域のコミュニティの希薄化等、住まいや住環境を取り巻く情勢は急速に変化する状況にあります。
南砺で暮らしません課 2017年4月1日 00時00分
南砺市五箇山の景観づくりについて
南砺市では、五箇山(平・上平地域)の良好な景観を守るため、五箇山景観条例の施行、五箇山景観計画の策定など、様々な取組みを行っています。五箇山の良好な美しい景観は、一度失うと取り戻すのに大変な労力と期間…
文化・世界遺産課 2017年1月16日 00時00分
南砺市定住促進雇用対策事業奨励金制度
南砺市では、定住人口の増加を図るため、平成27年度より新たな定住奨励制度を実施します。この機会に南砺で暮らして働きませんか!
南砺で暮らしません課 2015年6月1日 17時00分
五箇山合掌造り集落保存整備基準の制定について
南砺市では、平成27年4月9日、相倉・菅沼集落の伝統的建造物群保存地区における建造物等の保存と整備の指針となる「五箇山合掌造り集落保存整備基準」を定めました。
文化・世界遺産課 2015年5月15日 00時00分
地域づくり協議会・町内会・自治会の皆さんから市への要望書の取扱いについて
協働のまちづくりの実現に向けて、まずは地域課題の解決という観点から、 地域づくり協議会・町内会・自治会の皆さんからの要望書の対応につきまして、 次のような仕組みで責任のある対応を図ってまいります。
南砺で暮らしません課 2013年5月16日 13時05分
住宅用火災警報器の設置が義務化されました
 消防法及び市町村の条例により、すべての住宅に火災警報器等の設置が義務づけられました。新築住宅については平成18年6月1日から、既設住宅については平成20年5月31日までに設置しなければなりません。
総務課 2011年9月8日 20時25分
個人住民税の住宅ローン控除について
 平成21年から平成25年までに新築又は増改築の住宅に入居した方で、所得税から控除しきれなかった住宅ローン控除額がある場合に、個人住民税から控除する住宅ローン控除が新たに設けられました。
税務課 2009年12月4日 14時31分
固定資産税とは
 毎年1月1日現在で土地、家屋または償却資産を所有している人に納めていただきます。
税務課 2008年1月29日 15時31分
家屋を新築・増築された方へ
 家屋を新築・増築・取り壊しをしたら、税務課資産税係へご連絡ください。調査員が翌年度からの固定資産税課税のための評価調査にうかがいます。ご協力をお願いいたします。
税務課 2008年1月29日 15時00分
市が保有する土地等の使用・貸付に係る手続き・様式について
市が保有する土地や建物等の使用又は貸付を受けようとする時に必要な手続き、申請書類等についてご案内します。
財政課 0024年3月1日 12時00分

現在の位置:トップ > 手続き・申請・業務 > 住宅・土地の一覧

このページの先頭へ戻る