現在の位置:トップ > お知らせ > 遊部自治会のみなさんが、合掌造り家屋の屋根材に使われるコガヤを初収穫!

遊部自治会のみなさんが、合掌造り家屋の屋根材に使われるコガヤを初収穫!

五箇山以外のモデル地区として、茅生産の持続性確保に貢献!

情報発信元:文化・世界遺産課

遊部自治会のみなさんが、合掌造り家屋の屋根材に使われるコガヤを初収穫!の画像
コガヤを刈取る参加者のみなさん

 10月24日(土曜日)、福光地内の遊部入会山で遊部自治会(片岸修会長)が栽培に取り組んだ合掌造り家屋の屋根に使われるコガヤの引き渡し式が行われ、地元関係者など約80人が参加しました。

遊部自治会のみなさんが、合掌造り家屋の屋根材に使われるコガヤを初収穫!の画像
北陸銀行のみなさんにもご協力いただきました

遊部自治会のみなさんが、合掌造り家屋の屋根材に使われるコガヤを初収穫!の画像
茅刈りの様子

遊部自治会のみなさんが、合掌造り家屋の屋根材に使われるコガヤを初収穫!の画像
コガヤの引き渡し

遊部自治会のみなさんが、合掌造り家屋の屋根材に使われるコガヤを初収穫!の画像
森林組合のスッタフによる刈り取りの説明

遊部自治会のみなさんが、合掌造り家屋の屋根材に使われるコガヤを初収穫!の画像
新しい苗株も植えられました

 平成27年度より市の茅場造成事業等を活用し、世界遺産の五箇山合掌造り家屋の屋根材であるコガヤの茅場造成に取り組んでおられる遊部自治会のみなさん。五箇山地区以外での初のモデル地区として年300uずつ造成し、6年目となる今年は植栽した茅が屋根に使用できるまでに成長しました。

 引き渡し式では、片岸会長から屋根の葺替えを担っている西部森林組合の森松亮組合長に茅一束が手渡されました。遊部茅場造成推進会の片岸昭憲会長が「地域の財産を地元の子どもたちにも継承し、茅場を増やしていきたい」とあいさつ。森松組合長は「品質の良い茅なので大切に使わせていただきます」と感謝の意を表していました。

 式典後、事業協力を受けている北陸銀行のスタッフや、福光東部小学校の児童のみなさんによる成長した茅の刈り取り作業も行われ、森林組合職員の指導をうけながら穏やかな秋晴れのなか汗を流していました。

ご案内

ご案内
問い合わせ先 文化・世界遺産課
電話番号 0763-23-2014

カテゴリ

くらしの情報

学ぶ・交流
文化・芸術
生活環境
エコビレッジ・環境衛生
自然・緑化
  • 最終更新日:2020年10月25日(日曜日) 00時00分
  • ID:2-4-19-22968
  • 印刷用ページ

情報発信元

文化・世界遺産課

電話番号
0763-23-2014

お問い合わせ

ファックス番号
0763-52-6349

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > お知らせ > 遊部自治会のみなさんが、合掌造り家屋の屋根材に使われるコガヤを初収穫!

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト